カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 周期・リズム >
  5. 「思春期の生理不順」解決できる?できない?原因をみてみよう!生理中の情緒不安定はなぜ起こる?

女性のカラダの悩み

「思春期の生理不順」解決できる?できない?原因をみてみよう!生理中の情緒不安定はなぜ起こる?

生理が始まったばかりの女子は、生理に関することが安定しないというのはよくある話です。

生理がしっかり来ないということを気にしすぎるのもよくないですし、思春期だからと気にしすぎないのもまたよくありません。

 

思春期の生理不順

本来生理は、約一か月に一回、一定の周期で規則正しくやってくるものです。規則正しく生理が来ない場合があります。

これが生理不順です。

思春期の女の子であれば、初潮が来てからずっと生理不順という子もいますし、受験などの期間だけ生理不順になるという子もいます。

思春期で見られる生理不順はそうそう珍しいことではありません。

 

思春期生理不順の原因

ではそんな思春期に多く見られる生理不順は、どんなことが原因で起こっているのでしょうか?

 

特に初潮が来たばかりの女の子で考えられる原因としては、

・卵巣や子宮の未発達

・卵巣機能の低下

などが原因として考えられます。

 

初潮があっても身体は未完成

生理が始まっているのに、卵巣や子宮が未発達というのは不思議かもしれません。

しかし、小学生くらいで卵巣が女性ホルモンを分泌しはじめてから、性機能が完成するまでは10年ほどかかるといわれています。

そのため中学生くらいで生理が来はじめても、まだまだ体の中は未完成ということになります。

 

生理不順の原因は個人差がありますが、特に重要視する原因ではありません。

他に心身の異常が見られないならば、特別心配する必要はないといわれています。

 

心身の状態がホルモンバランスに影響

他に思春期に起こる生理不順で考えられるものとしては、「心身への負担」があります。具体的には、

・過度のダイエットに伴う体重減少

・激しい運動

・朝食を食べないような不規則な食事

・過度の疲労

・人間関係のもつれなどによるストレス

・離婚、転校、引っ越しなどによる環境変化によるストレス

などです。

 

基本的に生理不順というのは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こることが多いです。

これら心身への負担は、そうしたホルモンバランスの乱れを引き起こす要因になります。

思春期は特に体の成長に伴って精神が不安定になりやすいです。

そのため大人が想像していないようなことでストレスを抱えたり、体に負担がかかっていたりします。

 

あなたの原因はどれ?

そもそもまず自分が生理不順だと自覚があるでしょうか?

生理が来たばかりだと、生理に対する知識が乏しく、自分の生理が正しく来ているかどうかの判断すらできていないこともあります。

 

自分が生理不順だと判断した上で、生理不順になっている原因を考えてみましょう。

子宮の未発達などの原因であれば、回数を重ねるごとに状態は安定していきます。ストレスなどの原因の方は自覚し気をつけることができますので、気が付いたら自分の体のために対策を考えてみましょう。

 

 

生理中の情緒不安定はなぜ起こる?女性ホルモンバランスの変動由来が原因ってホント?

男性と同じようなハードなスケジュールや、仕事に内容のタフさを求められるときに、自分自身をコントロールするのに困難がある場合、それはもしかすると女性ホルモンバランスの乱れによる情緒不安定が原因かもしれません。

 

月経周期によって起こる情緒不安定の克服法とは?

現代は、女性は柔軟に、時としては、男性よりも強かにビジネスライフを送らなければならない時代ともいえるでしょう。育児や家事をパートナーである男性が把握しているよりも、はるかに忍耐強くこなす方もたくさんいることでしょう。

女性が本来もつしなやかな感性を発揮するために、月経周期由来の情緒不安定の克服方法について一度立ち止まって考えてみましょう。

 

女性の月経周期とホルモンバランスの変動の関係

女性は男性と比較すると、主観的・時には感情的であるということは、よく巷で耳にすることであると思います。

その原因は女性の元々の性格というよりは、月経周期に伴うホルモンバランスの変動に依るものであるケースがよく見られます。

月経前に情緒不安定となることがありますが、この場合、PMS(月経前症候群)と婦人科で診断されるかもしれません。人によっては、生理中に情緒不安定の症状が出ます。

いずれにせよ、この症状はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

悲しい気持ちになったり、不安になったり、イライラさえするので、なかなかつらい症状です。この場合の解決方法を考えてみましょう。

 

 

安易にうつであると思わないで!

誰しもが気分の浮き沈みがありますが、どちらかというと落ち込んだ気分が苦手な人が多いような感じを受けます。場合によっては、インターネットのセルフチェックなどを利用して、「うつ」であると勘違いして、精神科や心療内科を受診する人もいるかもしれません。

その前に、まず、自己管理の一環として、月経周期の記録を作るところから始めてみましょう。

 

月経周期を把握したら

自分の体調がいいときと悪いときと、月経周期の相関が把握できたら、さっそくスケジュールを組むときに活用してみましょう。

もしも、生理前に情緒不安定になっているということがわかれば、それはPMS(月経前症候群)である可能性が高いです。

生理の前には予定を詰めこまないで、ゆっくり過ごせるように計画を立てることが重要です。

月経周期に伴い、気分の変動が見られて、本来の能力を発揮できていないと判断せざるを得ない場合、産婦人科に相談するのがよいでしょう。

 

もし、月経周期に関係なく、情緒不安定が続くようだったら、精神科や心療内科を受診しましょう。

 

 

秋になって生理が乱れていない?秋の生理のトラブルは、自律神経の乱れによるものかも…

秋に入っても、生理は乱れることなく順調にきているでしょうか。

ときどき、秋になって生理のトラブルが生じるようになったという方がいます。

生理周期が乱れたり、生理前の症状が強くなったりといったトラブルです。

なぜ秋になると生理のトラブルが起きるのでしょうか?

 

秋は生理が乱れる季節?

春や秋といった季節の変わり目に、生理周期が乱れることがあります。

夏の疲れが残っているということもあるでしょうし、秋になって環境が変化していくということにも原因があるでしょう。

そして、その直接的な原因としてあるのが、自律神経の乱れです。

 

秋は自律神経のバランスが崩れる

季節が移行していく秋は、自律神経のバランスが崩れやすい季節です。

自律神経というのは季節変動するものであり、大まかに冬は交感神経が優位、夏は副交感神経が優位になります。

 

秋というのは当然、夏と冬の間ですから、このふたつが入れ替わっていく時期ということになります。

ゆっくり徐々に入れ替わっていくのならばいいのですが、そうとも行かず、激しく行ったりきたりしながら徐々に入れ替わっていくのです。

 

自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れにつながる

自律神経は体の機能を調節してくれています。

そのためホルモンのバランスにも影響するのです。

ホルモンバランスが乱れることというのは、そのまま生理のトラブルにつながります。

 

生理自体に影響することももちろんなのですが、自律神経の乱れというのは心の安定にまで影響します。

そのことがまたストレスとなり、生理症状に影響を及ぼすのです。

 

秋になって、生理周期の乱れや、月経前症状が強く出るのを感じたら、自律神経のバランスを整えることを心がけてみて下さい。

季節が過ぎれば、生理のトラブルも一過性で終わってしまうこともあります。

 

ですが、状態が深刻であったり、季節が過ぎても症状が続くようならば病院で診てもらうとよいでしょう。

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

周期・リズムに関する記事

女性の生理はうつる?うつらない?本当はどうなの?その謎を徹底解剖!

生理中の人に近づくと、生理がうつるという話を聞いたことはありませんか? 風...

生理が予定より早く来た?!原因は?病気?生理が早まるって危険なこと?月経について詳しく解説!

生理が一定の周期で来ていたのに、とつぜん生理が早まるとびっくりすると思います...


生理を止めたい!遅らせたい!ピルから気持ちのコントロールまで、有効な方法・豆知識をまるっとご紹介

毎月やってくる生理ですが、プールや温泉などの予定があると、ちょっと困ってしま...

生理不順に効く漢方と食事!生理が始まっても高温の場合、理由は?

  生理周期の乱れを特徴とする生理不順にも、漢方が役立ちます。 生理周期の長...

カラダノートひろば

周期・リズムの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る