カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 不正出血 >
  4. 生理が終わったのにまた出血!?これって病気?考えられる原因にはどんなものが?

女性のカラダの悩み

生理が終わったのにまた出血!?これって病気?考えられる原因にはどんなものが?

生理が終わったのに出血が起これば、おや?と思いますよね。

生理の後に起こっただけに、生理に関係する出血なのか、それとも全く別で考えなければいけない重要な出血なのか…と頭を悩ませるかもしれません。

 

この生理後の出血はなに?

子宮ガンなどの症状として、不正出血があるのはよく知られていると思います。

だからこそ生理が終わったのに出血が起こると、ちょっと不安に思ってしまいます。

 

ただ実際、出血症状だけでは医師であっても確定的な診断を下すことができません。

ですから、生理以外で出血があったからといって、自分でその原因を判断するのはまずできないことです。

 

しかし、出血の可能性として考えられるものを自分のケースにあてはめて考えるのは有効でしょう。

生理後の出血の原因は?

生理が終わったと思ったらまた出血が起こったという場合、以下のような可能性が考えられます。

 

特に病気などではない原因から順に書いていきます。

 

・骨盤の歪み

20代後半になるとある程度体も老化し、骨盤の歪みなどによって、生理の時に必要な分だけ骨盤が開かなくなることがあります。

そのため経血がスムーズに排出されず、生理が終わった後に経血の残りが出血するということがあります。

 

・ホルモンの乱れ・更年期

女性ホルモンの働きが乱れても、こうした出血が起こることがあります。

ホルモンが乱れる原因としては、心身に大きなストレスがかかっているときや、体が極端に冷えているとき、そして更年期などが考えられます。

 

この場合、一時的にしか症状が見られない場合がほとんどですので、原因がなくなったと考えられても症状が続いたり、出血の状態が悪化しているように見えたのであれば、病院に行ってみた方が良いでしょう。

 

・子宮膣部びらん

これは病気ではなく、多くの女性にみられる状態です。

子宮の出口の部分がただれているような形状になっていて、分泌物が多くなってしまうので、出血が起こることがあります。

 

特に分泌が活発な2030代に多く見られますが、子宮がんの可能性がなく、生活に支障がなければ問題ありません。

 

・病気の可能性

子宮筋腫や子宮ガンの症状として、出血が起こっている可能性も当然考えられます。

鮮血が見られることが多いですが、量が少なかったり、多かったり、ピンク色だったり、茶色っぽかったりと、症状は必ずしも一定ではありません。

 

気になるならば病院を受診する必要がありますが、年に一回の健診を受けていれば、こうした可能性が低いのか高いのかも考えやすくなります。

 

骨盤のゆがみが原因の、生理後の出血について

「生理の期間だけ出血」は若い時だけ!?

生理以外に起こる出血というのは、先述したのように病気の可能性もあります。

そのため、そうした出血があると少し身構えてしまうと思いますが、実際、病的な原因によって起こらない出血も多くあります。

 

基本的に出血が起こるのは生理の期間だけ、というのは間違いありません。

ですが、そこまではっきりと区別よく期間が分かれて見られるのは、実は若いときだけなのです。

若いときと言うのは10代~20代前半くらいまでで、それ以降になると、生理が一通り終わった後にまた出血が起こるというケースがあります。

 

年齢が上がると、どうして生理後に出血するの?

では、年齢が上がるとなぜ生理後の出血が起こるのでしょうか?

 

20代後半以降で、問題のない生理後の出血の原因として考えられるのは、「経血の残り」です。

ごく単純な答えですが、生理の時に出し切れなかった経血が子宮の中に残っていて、それが数日後に何かのきっかけてちょこっと出てくる場合があります。

 

なぜ年齢が上がってきたときに起こるかというと、考えられている原因は「骨盤の歪み」です。

20代の中頃を過ぎると、だんだんと骨盤のゆがみを持つ女性が増えていきます。

それによって経血が生理のときにスムーズに出されなくなって、後から出てくるということが起こるのです。

 

骨盤ケアで対策をしよう

生理が終わって数日たってから、出血があるという方は、骨盤のケアをお勧めします。

生理の時の骨盤が上手に開いていないために、経血が子宮の中に残ってしまうというと、骨盤が開いている状態にしなければいけないと思うかもしれません。

 

しかし実際、骨盤の状態として理想的なのは、スムーズに開閉ができることです。

必要な時に引き締まり、必要な時に開くことが、ダイエットにおいても妊娠などにおいても重要です。

 

お勧めしたいのが骨盤底筋を鍛えることです。

子宮などを支える骨盤底筋は、妊娠出産においても、ボディラインを形作ることにおいても重要な筋肉です。

 

肛門から膣にかけての部分を意識し、グッとゆっくり力を入れ、また数秒かけて力を抜く

この動作を日常の中の気づいたときにやってみて下さい。 

 

もちろん症状が重ければすぐに病院へ

生理後に出血が見られた場合、生理に関連してそれが起こっているのは、原因に骨盤の歪みがある場合だけと言えそうです。

こうした出血の場合、どうしようか迷うのは、その出血が「ほんの少し」だったり「色が薄かった」りするためだと思います。

 

量の多い鮮血が出たり、激しい腹痛が伴うと言った症状が重い場合は、緊急で病院に行きましょう。

 

わかりやすい緊急性以外の場合でも、病気が静かに進行している可能性があるのが、判断に迷うところだと思います。

自分で判断できるようになるためにも、年に1度の健診は必ず行くようにしましょう。 

 

(Photo by://pixabay.com/

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不正出血に関する記事

子宮内膜から出血!?不正出血に多い機能性出血とは

  不正出血の原因として最も多い1つがこの機能性出血です。     どん...

不正出血なの!?セックスのあとの気になる出血

不正出血は、誰でも不安なものです。 とくに、性行為のあとに出血があると「妊娠...


排卵出血(中間出血)が原因で腹痛…どれくらい痛むの?病院に行かなくてもいい?

生理と生理の腸と真ん中くらいのタイミングで、少量の出血が起こることがありません...

生理はどれくらい長引いたら危ないの?生理が終わらない原因とは

あなたの生理期間は何日でしょうか? 経血が出ている期間では、4、5日が多いよう...

カラダノートひろば

不正出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る