カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 不正出血 >
  4. 生理はどれくらい長引いたら危ないの?生理が終わらない原因とは

女性のカラダの悩み

生理はどれくらい長引いたら危ないの?生理が終わらない原因とは

あなたの生理期間は何日でしょうか?

経血が出ている期間では、45日が多いようですが、短くても3日、長くても7日以内が正常の範囲内と言われます。

 

なんで?生理が終わらない…

正常と言われる生理の期間は長くて7日です。つまりそれ以上続くようであれば、ちょっと考えなければいけないということになります。

「生理が終わらない」といっても、ずっと経血が出ているということはないでしょう(もしそうなら血を失いすぎです)。

生理が終わらない、長引いているというケースは多くの人が経験するところで、中には月の半分以上、経血が出続けているというケースもあるようです。

 

どれくらい長引いたらダメなの?

生理期間の正常の範囲内が7日以内と書きましたが、8日過ぎたらすぐダメというわけではありません。

病院に行くべき目安は「10日以上」で、普段7日で終わるのに今回だけ8日だったから病院へ行かなければ!とまで考える必要はありません。

 

もし、いつも89日くらい生理の期間があると言う場合は、検診などのついでにお医者さんに相談してみるのがよいでしょう。

 

病気がないなら原因は「ストレス」かも

婦人科健診を受けていて問題はないし、特にこれといって他の症状もないと言う場合、病気以外の原因が疑われます。

その場合、考えられる原因としては「ストレスによるホルモンバランスの乱れ」です。

 

生理を起こすホルモンの管理は脳がしていますが、その脳はストレスによって働きが鈍ったり低下することがあります。

それは精神的なストレスだけではなく、身体的なストレスにおいても言えます。

 

ホルモンバランスの乱れが原因の場合、どうすればいいの?

第一の対処法の選択として挙げられるのが、ストレスの原因となっているものと生活の中から排除することです。

それが出来ない場合は、ストレスの発散方法を身につける必要があります。

 

それで生理の期間が正常になればよいですが、それがうまくいかないことも多くあるでしょう。

その場合はホルモン剤の投与などで、ホルモンの調子を戻す方法をとりましょう。

 

「生理が来てるからまあいいか」ではダメ!

特に病気が原因でもないし、生理も一応来ていれば危機感を持ちにくいかもしれません。

ホルモンバランスが崩れた状態では、将来妊娠がしにくくなる可能性もあります。

さらに症状が強く出れば、のぼせや冷えなどの更年期と同じ症状が出てくる場合もあります。自己判断で軽く見ないようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不正出血に関する記事

更年期には不正出血が多い?原因と対処法を知ろう!

更年期は女性の体が変化する時期です。終わりまでの期間は個人差があり40-50...

着床出血ではおなかは痛くならない!?それって危険な出血かも!

着床出血とは、受精した卵子が子宮に着床する時に子宮壁を傷つけてしまう事で起き...


これは生理?不正出血?鮮血の不正出血の原因は?こんな症状が一緒に出たら注意!

生理と生理の間に不正出血が起これば、あれ?おかしいな?と気づくことができます...

生理でもないのに出血?不正出血が起きた場合にはこの病気を疑うべき!

生理でもないのに出血があると少し驚いてしまうかもしれません。不正出血の多くは...

カラダノートひろば

不正出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る