カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 甘いものを控えて、歯磨きもしていたのに子供に虫歯が…子どもが虫歯になる意外な原因とは?

育児・子供の病気

甘いものを控えて、歯磨きもしていたのに子供に虫歯が…子どもが虫歯になる意外な原因とは?

子どもは成長するにつれて、母乳から離乳食、そして普通の食事へと食べるものがどんどん変化して意気、色々なものを食べるようになります。

季節によって変わる楽しい食生活が始まる反面、気をつけなければいけないことがあります。それが虫歯です。

 

甘いものを控えさせて、きちんと歯磨きもしてあげていたのに子供に虫歯ができてしまった…なんてことはありませんか?

なぜ気をつけていたのに、虫歯ができてしまうのでしょうか。なにか間違った予防法をしていたのでしょうか?

 

ここでは、子どもが虫歯になる意外な原因と、その予防法・気をつけることについてご紹介します。

 

■虫歯ができる原因

子供が生まれてから母乳から離乳食、そして普通の食事へと成長するにつれて食べるものがどんどん変わっていきます。しだいに甘いおやつを食べる量も増えて、その分食べカスが歯の間に残りやすくなります。

 

この食べカスがいつまでも歯と歯の間に残っていると、やがて歯垢というものに変化します。

そして口の中にいるミュータンス菌という虫歯を引き起こす細菌が、その歯垢と酸を作り、その酸が歯の表面のエナメル質を溶かして虫歯になってしまいます。

 

■虫歯が出来ないように気をつけること

虫歯の原因となる細菌、ニュータンス菌を生まれたばかりの赤ちゃんは持っていません。

この細菌に感染しているまわりの大人から赤ちゃんに感染してしまうといわれています。

 

ミュータンス菌に感染させないためには、以下の点に注意しなければなりません。

 

・大人が使用した箸やスプーン、フォークなどで子供に食べ物を与えない

・お母さん、お父さんが噛み砕いた食べ物を子供に与えない

 

うまく噛み砕けない子どもにこんなことをした経験はありませんか?

上記のようなことが原因で虫歯になることもあるようですよ。意外でしたでしょうか?

 

ミュータンス菌が無ければ、たとえ口の中の食べカスが残ってしまったとしても虫歯になってしまうのを遅らせることが出来るかもしれません。

 

■虫歯にならないための対処法

虫歯にならないためには、とにかく食べカスを口の中に残さないことが大切です。

特に子供の乳歯は、歯と歯の間に隙間が多く、その間に食べカスが残りやすいのです。歯磨きの時に、歯間ブラシなどを使って歯と歯の間も磨いてあげることをおすすめします。

 

乳歯は大人の歯に比べてやわらかいため、虫歯の菌に侵されやすく虫歯になりやすいです。

歯の表面を丈夫にして虫歯を予防するフッ素塗布も効果が高いといわれています。

こちらは地域によって異なりますが、市で行っている3歳児健診や、歯医者さんが無料で検診を行って実施しているところもあるようです。

 

毎日の歯磨きを習慣づけて

虫歯になってしまうと歯がいたくて本当につらいものですよね。

子供につらい思いをさせないためにも磨き残しのないように毎日の歯磨きを習慣づけて続けていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

お手入れに関する記事

乳歯は虫歯になりやすい!赤ちゃんを虫歯から守る予防法

生えたての乳歯は、エナメル質が永久歯の半分くらいの薄さしかないために、虫歯に...

生後7ヶ月、歯の生え始めの時期!?生え始めでも、歯ブラシを使うべき?

生後7ヶ月前後になると歯が生え始める赤ちゃんも多いでしょう。いつからどうやって歯...

お手入れの体験談

早い早い!!

ついに息子くんに上の歯が生えてきました〜\(ˆoˆ )/ これで下2本、上2本になります!! ...

むずむずする時期に大活躍の歯がため!

息子用にと思い4ケ月の頃に「3ケ月から用 リッチェル乳歯ブラシ」を購入しました。 歯固めと歯ブラシ...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る