カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. つらい産後うつ・・気になる症状と原因、対処法とは

妊娠・出産

つらい産後うつ・・気になる症状と原因、対処法とは

産後うつとは、出産2週間後から長い場合約1年ほど続くうつ状態のことです。初産婦に多いと言われ、発症率は10%~15%ほどという統計があります。具体的にどのようなものなのか、原因や対処法をご紹介します。

 

症状

通常のうつの症状のほかに、産後うつの特徴として育児に対して悲観的になるという点で共通しています。たとえば育児がつらくなると赤ちゃんに愛情が持てなくなり「自分は母親失格なのではないか」とか「赤ちゃんは自分を母親と思っていないのではないか」などと考えたりします。

 

また、赤ちゃんが咳き込むんだだけで「何かの病気なのではないか」と過剰に反応したり、育児のことを人に相談できず孤独感を感じることがあります。

 

原因

主な要因は産後のホルモンバランスの乱れと言われています。しかし背景的要因として子どもが生まれたことの責任感や不安感からくる情緒不安定、家族のサポート不足、夫や親との関係性、経済的悩み、住居環境の問題など様々なことが関係していると考えられます。

 

対処法

ひとりになる

思い切って赤ちゃんをご家族に預けて出かけてみてください。自然の多い公園でぶらぶらするものいいですし、買い物をするのもいいでしょう。少し1人になるだけで気分転換になります。預ける家族がいなければ今は行政のサポートもあります。一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

悩みを第三者に話す

家族には話せなくても他人には弱いところを見せられるということありますよね。同じ子どものいるお友達や地域の子育てサロン、お医者さんのカウンセリングなどとにかく誰でもいいのでつらい気持ちを受け止めてもらえれば気分がずいぶん楽になります。

 

最後に

産後うつは通常自然に治癒しますが、深刻な場合は赤ちゃんに悪影響を与える可能性があります。うつかなと思ったら一度お医者さんを受診するのも勇気です。ママが笑ってくれないと赤ちゃんも悲しくなります。赤ちゃんのためにも自分を大切にしてくださいね。

 

 

(Photo by足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後うつに関する記事

妻や友達が産後うつになってしまった時の注意点

産後に鬱病になってしまった人と接する時には、周囲の人は細やかな気遣いが必要で...

産後うつになったらどこに相談する?一人で抱え込むのは危険です!

もし自分が産後うつかもしれないと思ったら、誰かに相談することが必要です。自分...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る