カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 悩む保育園選び…選ぶポイントは?公立と私立のメリット・デメリット

育児・子供の病気

悩む保育園選び…選ぶポイントは?公立と私立のメリット・デメリット

ママが働きたいと思った時や、またはすでに雇用されていて育休をとっている間に見つけなければならないのが子供の継続的な預け先です。

選択肢は色々ありますが、働くママは一般的に保育園に子どもを預ける事が多いと思われます。

ここでは、保育園、主に公立と私立の違いについて述べていきたいと思います。

 

公立・私立、どちらも入園手続きや費用は同じ

公立保育園は市区町村が運営しており、私立保育園はそれ以外の民間が運営しています。

公立・私立は認可保育園であればどちらも入園手続き、費用に差はありません。どちらも市区町村を通して申し込み、市区町村で定められた額の保育料を払います。

 

それでは公立・私立それぞれのメリット・デメリットとはなんでしょうか?

 

公立のメリット・デメリット

公立保育園は保育士含め職員の待遇が全て公務員扱いとなります。そのため、待遇の良さから私立に比べ、優秀な保育士が集まる傾向があります。

また公務員なので、研修などを受ける機会が多く、保育の水準が一定に保たれているようです。

 

メリットとしてはそのような優秀な保育士の保育を受ける事ができ、また同じ自治体内の園ではどこでも均一レベルの保育を受けられるということです。

 

一方、デメリットはどの園も均一で園独自のカラーや個性はない、ということでしょうか。

また公務員なので数年おきの職員の移動があり、申し込み時の園長先生の方針に共感して子どもを入園させたら入園時には居なくなっていた、などという事も起こりえます。

 

私立のメリット・デメリット

私立保育園は運営母体によって様々な特色があります。

例えば、キリスト教法人の場合、ミサがあったり、キリスト教誕生の劇をしたりします。

仏教法人の場合、仏事にちなんだ行事(花祭りや涅槃会)があったりします。

メリットとしてはその特色ある保育を受けられるということがあげられます。そして行事が派手な傾向にあります。

 

デメリットとしては園独自の個性が強いため、家庭方針が園の方針と合わない場合、園に居辛くなってしまうことがあります。また職員の入れ替わりが激しく、若い先生が多めでベテランの先生が少ない傾向があります。

 

以上、公立保育園と私立保育園の違いについて簡単にまとめてみました。

どちらもメリット・デメリットがありますが、よく比較検討し納得の行く園を選ぶようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

「こんな事までやってくれるの?!」知っておくと便利♪ベビーシッターのサービス内容

核家族化が進んだ現在では、両親以外に子どもを預かってくれる人が居なくて、急な用...

大丈夫!保育園生活になじめない子をなじめるようにするためには○○が効く!

保育園生活には、なかなかなじめない子もいます。初めての集団生活、お友達との関係...

保育園・施設の体験談

育休はいつまで?仕事に復帰できない!?

産休から育休に入り、毎日必死に子育てと家事に専念。 気が付けば、もう保育園を探す時期。 0歳...

一歳から保育園へ入園

育児休暇が終わり一歳になった娘を保育園に入園させました。 本当は3歳くらいまで自分でみてやりたかっ...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る