カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 小学校受験のための幼稚園選び!お受験幼稚園から普通の幼稚園までメリット・デメリットを知ろう!

育児・子供の病気

小学校受験のための幼稚園選び!お受験幼稚園から普通の幼稚園までメリット・デメリットを知ろう!

お子様がそろそろ3歳になるので、次年度から入園する幼稚園のことを色々と調べようという保護者の方もおられると思います。

ご家庭の方針として私学の小学校受験をするのか、しないのかといったことが幼稚園の選択にも大きく関わってきます。

ここでは小学校受験のための幼稚園選びについて記載していきたいと思います。

 

1. お受験幼稚園

殆ど全ての園児が私学(或いは国立小学校)を受験する園です。メリットとしてはお稽古ごとに通いやすく、園内でもお受験に関する活発な情報交換が期待できます。

 

デメリットは万が一、お受験で我が子が希望校に入れなかった時、親子共々その後通うのが精神的に辛くなってしまうケースがありえるということです。

 

2. 半お受験幼稚園

お受験する意向のある保護者とそうでない保護者が一緒に存在する園です。

受験の意向を伝えておくと、年長からは受験希望者ばかりで編成されたクラスでそれなりの保育をしていただける園もあるようです。

お稽古通いのための早退に協力的で、本格的な受験シーズンの始まりである11月の長期欠席にも寛容です。

 

本格的お受験幼稚園と違うのは、受験希望者がそれほど多いわけではないので延長保育が充実していたり、園バスがあったりします。預け勝手がいいわけです。

 

デメリットとしては受験に関する情報がお受験幼稚園よりは入っていきにくい事、保護者同士の受験に対する意識の差があることでしょうか。

 

3. 普通の幼稚園

特にお受験に関する教育を行っていない幼稚園です。

言葉遣いや、お行儀の指導はまずなく、自由な保育を売りにしているところが多いのでお受験を考えておられる保護者・お子様には特に選ぶメリットがないように感じられます。

 

しかし家庭や塾、習い事などで厳しくお受験対策をしている分、幼稚園ではのびのびと過ごさせてあげたいという想いで普通の幼稚園を選ぶ保護者もおられます。

また志望校によっては「同じ幼稚園からは数人しか合格させません」と公言しているところもあるので、あえてお受験幼稚園ではなく競争相手の少ない普通の幼稚園を選ぶ保護者もおられるようです。

 

幼稚園、どう選ぶ?

お受験のための幼稚園選びですが、結局のところはお子様の意思や特性を尊重し、お子様に合った園選びをすることが重要です。

園の特性や志望校の情報を集め、より良い選択をしていきたいものですが、どうしても合わないなと感じたら途中で転園もできますので、そう気難しく構えなくてもよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

登園拒否になった!どんな対応をすべき??

朝の登園準備で「行きたくない!!」と泣き出す子ども。仕事に行かなくてはならなか...

保育園生活がスタート!でも別れ際に子どもが大泣き!泣かせないためにはどうしたらいい?

   保育園への入園が決まり、母子共に新生活のスタート。 頑張って仕事するぞ...

保育園・幼稚園の体験談

産休明けで保育園入所するためにやっておくこと

出産前から情報収集と区役所へのアピール長男妊娠時は正社員だったので出産後にはすぐ復職が決まってました...

【1歳と3歳】保育園児の平日家でのスケジュール

一歳代から子どもが保育園に行きだすようになりました。 保育園のある平日は朝も夜もバタバタです。 ...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る