カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. その他 >
  5. 小学校受験のためのお教室・塾選び!それぞれの教室のメリット・デメリットとは?

育児・子供の病気

小学校受験のためのお教室・塾選び!それぞれの教室のメリット・デメリットとは?

我が子に小学校受験をさせたい!

そのような時にいわゆる「お受験幼稚園」に通わせるかどうかの選択もですが、塾や幼児教室に通わせるか、という選択も考える必要があります。

ここでは小学校受験を意識している保護者の方のお教室(塾)選びについて、記載していきたいと思います。

 

大規模教室のメリット、デメリット

大規模で有名な教室のメリットはなんといっても「過去の入試のデータ量が多い」ことです。通っているお子様の数が多いほど、より多くのデータを集められるからです。

 

集団行動やペーパーテストの場面では大人数を活かし、受験本番の雰囲気を出す事ができるので、本番力が身につきます。

 

デメリットとしては大人数の生徒一人一人に目が行き届きにくく、またお子様が周りのペースについていけず自信を無くしてしまう可能性があるということです。

 

小規模教室のメリット、デメリット

小規模な教室、個人の教室のメリットは一人一人に丁寧な指導をしていただきやすいことです。また先生に相談もしやすいです。

そして大規模教室に比べるとアットホームな雰囲気でお子様がリラックスできる環境の所が多いようです。

 

デメリットとしては上で述べたように大規模教室はたくさんの過去問データや合格者の傾向データを持っているのに対して、小規模教室は待っているデータ量が少ないと言う事です。

また、本番では大人数で受験するため、小規模教室に慣れてしまったお子様が萎縮してしまう事も考えられます。

 

教室を選ぶ際に大事なこと

どのような規模のお教室を選ぶにせよ、大事な事は「合格者実績などのデータを誠実に公開しているか」、「志望校の入試科目に対応した指導をしているか」、「お子様が穏やかに通い続けられるか」です。

 

体験入学を行っているお教室も多いので、ぜひご利用下さい。

また、自宅や幼稚園との距離や位置、母親が参観型か預ける形かや、ワーキングマザーの場合は平日の送迎が難しいため土曜日に開講しているか、等も選ぶポイントになると思います。

送迎する保護者に負担がかかり過ぎないという要素も重要です。

 

楽しく前向きに受験を乗り切ろう

お受験を考えた時には幼稚園選び、お教室(塾)選び、そのほかにも習い事を考えてみたりと保護者はとても忙しいものです。

しかし大事なのは保護者とお子様双方に精神的・肉体的負担がかかり過ぎない範囲で選択することです。無理をしてはいけません。

 

そしてどんな結果になるにせよ、選択してきたことは絶対にお子様の人生のプラスになるはずです。受験期を前向きに楽しく乗り切るつもりでいきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

心配な保育園への入園…子どもに早く園生活に慣れてもらうために~こんな制度を利用してみよう

お子さんが一歳を迎える頃、産休明けで職場復帰をされる方もいらっしゃるかと思いま...

環境の変化の多い春こそ気をつけて!!体と心のケアをしっかりと。

春は、卒業や入学など、新しい始まりの季節ですね。寒い冬から次第に温かくなってき...

その他の体験談

育児の感じ方は色々なので・・・

保育園が主催している、駅前のママとベビーのお家に最近出没しています。 息子は月齢の近い子たちに混ざ...

子育て支援施設に行く時に大切にしたいポイント

赤ちゃんとやっとお出かけ出来るようになった。 初めての子育て支援施設に行ってみる事に。 グル...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る