カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 基礎知識 >
  5. 傷跡が残らず回復も早い『湿潤療法』!筋肉障害の画期的な治療法と肉離れとスポーツの関係

気になる病気・症状

傷跡が残らず回復も早い『湿潤療法』!筋肉障害の画期的な治療法と肉離れとスポーツの関係

擦り傷や切り傷の治療法として、従来は消毒液を塗りガーゼをかぶせると言う方法が定番でしたが、近年では消毒液は人の細胞にも有害であることから、消毒を行わず水で汚れを洗い流し湿潤した状態のままシートで覆うという『湿潤療法(ウェットケア)』が広がってきています。

 

この治療法のメリットは、『従来法よりも痛みが少なく、治りも早く、傷跡が残らない』ことだとされていますが、一方で湿潤療法を行ってもなかなか治癒しないというケースも多いと言います。

 

その理由は『洗い方が不十分で細菌が残っている』『湿潤されていない状態で覆われている』など既定の条件が満たされていないことによるものが多いようです。

 

また乳児や高齢者など抵抗力の弱い場合、対処を誤ると敗血症や組織の壊死に繋がる可能性も指摘されており、出来る限り医療機関で治療することも勧められています。

 

【湿潤療法を失敗する原因と、その対処法について

<失敗する原因は?>

 

1)状態に応じた被覆剤が選ばれていない。

⇒浸出液が多い場合適度に吸水するシートを頻回に換え(=紙おむつとポリエチレン袋などで代用)、液を排出する必要がある。

 

2)傷口が乾いている。

⇒ワセリンで湿らすことが必要。

 

3)消毒薬を使用している。

⇒感染に繋がる。

 

4)感染徴候(痛み・発赤)があるのに、湿潤療法を続けている。

⇒抗生剤や頻回のシート交換が必要。

(※非常に滲出液が多い場合や、糖尿病による壊死、また原因不明の傷などには湿潤療法は禁忌。)

 

<感染4徴候が出た場合は、家庭での湿潤療法を中止する>

患部に感染症が生じた際は、湿潤療法を中止し、医療機関を受診する必要があります。感染による炎症の4徴候は以下となります。

 

【発赤(患部周辺が赤くなる)/腫脹(腫れる)/疼痛(ズキズキ痛む)/熱感(発熱する)】

 

最後に

医師によれば、湿潤療法は個人で行う場合やり方を誤れば感染症の危険性があるため、もろ刃のやいばであると述べられている方もいます。乳児や高齢者の場合、抵抗力が弱まっているため『壊死軟部組織感染症』や『破傷風』の可能性があり、最悪の場合四肢の切断の可能性があるとも述べられています。

 

患部が十分に洗えない場合や、範囲が広い場合などでは病院で受診することが奨められています。

 

(参考ウェブページ:西日本新聞、佐久間内科小児科医院、獣医師まつもと先生!のブログ)

 

 

飲まない!注射もしない!体の中の機械で投薬する!?痙縮に画期的な治療法があった!

痙縮という症状を知っているでしょうか。筋肉の神経伝達のどこかが障害されたことで、運動神経への脳からの指示がうまく伝わらなくなり、筋肉が過緊張状態になってしまうことを言います。

この痙縮の治療法で、今注目されているのが、バクロフェン髄腔内投与という治療法です。

 

バクロフェン髄腔内投与ってどんな治療法?

バクロフェンとは痙縮に効果のある薬の名前です。この薬を投薬して症状の改善をはかるのが、この治療法です。

投薬というと、経口摂取や注射での注入が一般的ですが、これは全く違う方法であるため、注目されているようです。

 

具体的にどのような治療法かというと、脊髄の周囲(髄腔)に、バクロフェンを直接、持続的に投与することで、痙縮の症状を和らげるというものです。

どのようにして直接持続的に投与するかというと、ポンプという薬剤注入の専用の機械を皮膚の下に植え込むことによって行います。

 

バクロフェン髄腔内投与が画期的な4つの理由

ではこの方法が画期的と言われる理由は、どこにあるのでしょうか。

 

・効果が得やすい

バクロフェンは経口摂取などでは、障害されている脊髄部分に直接届きにくいという特徴がありました。そのため、特に重度の痙縮には十分と言えるような効果は得られませんでした。

ですが、この方法では直接薬を届かせたい場所に、薬を置いてくることができるので、重度の痙縮の場合でも効果を期待できます。

 

・薬剤の量が少なくて済む

障害のある箇所の近くに薬を置くことができますので、体の中の他の部分で代謝される薬の量を考えずにすみます。そのため結果的に使用する薬剤の量が少なくて済むうえに、高い効果を得ることができるのです。

 

・副作用を減らせる

薬剤の量が少なくて済み、対象の場所に直接薬を効かせられるということは、副作用が少ないということです。

 

・投与する量を外から調節できる

経口摂取の薬の場合、症状に合わせて薬の量を調節するという場合、タイムロスが大きいです。

ですが、この方法では埋め込まれた機械は専用のリモコンで24時間、痙縮をコントロールできます。症状に応じてすぐに薬の量を調節できるのです。

 

バクロフェン髄腔内投与という治療法は約3ヶ月に1度、注射で薬の補充を行わなければいけなかったり、電池寿命のために5~7年で機械自体を手術によって交換する必要も出てきます。

それでも痙縮の日常生活への影響が改善されることが大きく、非常に期待できる治療法と言えるでしょう。

 

 

筋肉を増やして機能を回復する!骨折でのリハビリテーション

骨折は、不意の転倒などの外傷、過度の運動、骨粗そう症などの病気が原因で起こります。

あまりの痛さに病院に行き、レントゲンを撮ってもらい、診断が出たら、治療となります。

 

骨折の治療

病院では、整復・固定・リハビリが大きな柱となります。

一応、骨折した部分はギプスで固定するので、精神的安定は得られます。

でも、骨折部位は固定するため、運動量が減り、筋肉量が減って細くなって、また、関節部分も固定すると、固まって動きが悪くなってしまいます。

そのため、筋肉を増やしその機能を回復する目的で、リハビリを早期から開始されるのが一般的となっています。

 

ギプス固定中のリハビリ

腕や脚の骨折では、指の運動を行います。

1, 手足の指のグーパー運動をします。

2, 足首の曲げ伸ばし運動をします。

これだけでも、腕全体、足全体の血行がよくなり、むくみが改善されます。

 

ギプスをはずしたあと

ギプスをはめていたため、細くなって関節が固まって動きが悪くなった部分をリハビリ運動します。

1, 手首から肘にかけて、右左に回転させます。

2, 椅子に座って、片足ずつ上げたり、降ろしたりします。

 

足の骨折後は部分荷重を

足は、骨の修復の進み具合をレントゲン写真を見ながら、少しずつ足をついて体重をかけていくことを、部分荷重といい、骨の修復過程でできる仮骨に適当な荷重をかけると骨の癒合が促されます。

仮骨ができる時期はまだとても痛いし、荷重が多すぎたり、ひねりが加わると、再骨折する場合もあるので、動くときには十分に気を付けましょう。

 

現代では、リハビリをした方が、骨折部の血行もよくなり、骨の癒合が促されるという学説が主流なので、多少、嫌だと思っても、医師や、看護師、理学療法士の指示を従い、できるだけ動かす方が治りが早いようです。

 

予防

1,外傷が原因

突然の出来事を防ぐのは難しいのですが、安定性の高い靴をはく、家の段差をなくす、運動前は準備体操をするなど、日常生活に十分に注意を払います。

2,疲労骨折が原因

運動前の準備体操や日頃から筋力を向上させるトレーニングをしましょう。

トレーナーなどの指導を受けながら安全に行うことも大切です。

3,病気が原因

原因となっている病気をすぐに治療しましょう。

お年寄りは転倒予防の対策を家中に行うことが必要となります。

 

まとめ

長くてつらい骨折療養中を有意義に過ごすには、全身状態や日常生活に気を配り、骨の癒合を促すために、日中リハビリや活動をして体を動かして、全身の血行を良くします。

 

 

肉離れとスポーツの関係 どんなスポーツで肉離れを起こしやすいの?

スポーツでよく起こる肉離れは重症になれば、その時に歩行困難になり早期の治療が必要になることもあります。

 

肉離れはどこに発症しやすい?

肉離れは瞬間的に筋肉に力を入れることによって、急速な筋収縮が起こり、その変化に筋肉がついていけずに筋繊維や筋膜が引き裂かれてしまうことで起きます。

こうした瞬間的な力が加われば、どの筋肉でも肉離れを起こす可能性がありますがよく発生する部位としては以下のような場所が挙げられます。

腓腹筋(ふくらはぎ)

大腿部ハムストリングス

大腿四頭筋

股関節内転筋

上腕二頭筋

これ以外にまれに腹直筋でも肉離れが起こることがあります。

 

どんなスポーツで肉離れを起こす?

基本的には強い力が加わるような動作であれば肉離れを起こします。では具体的にどのようなスポーツで肉離れを起こしやすいのでしょうか。

テニス

バドミントン

卓球

陸上競技の短距離

バレーボール

野球

競輪

この中でも特にテニスはゲームが長時間にわたるケースも多く、筋肉疲労が蓄積した中で何度も左右のフットワークの強い切り替えしが必要になる為、肉離れを起こしやすいスポーツの代表と言ってもよいでしょう。

左右の切り替えしが必要なのはバトミントンや卓球も同じです。また、短距離ではスタートダッシュのとき、バレーボールではスパイクジャンプのときに起こりやすいです。

また、野球のベースランニングや競輪のスパートのときにも起こりやすいようです。

また、瞬間的な筋肉の収縮だけでなく、オーバーワークによって筋肉疲労が積み重なることでも肉離れが引き起こされることがあります。

 

基本的にはダッシュやジャンプといった動作が代表的な動作と言われます。

上記のスポーツではなくトレーニングでも引き起こされることがありますので、注意しましょう。

 

(photoby:pixabay)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

冬に多い怪我!危険性・死亡の割合とは?スポーツ障害、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の症状と特徴

  全盛期よりも少なくなったとはいえ、スキーやスノーボードをする人はある程度い...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る