カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. その他 >
  6. 虐待?と心配になったら…どの子も我が子と同じように守ってあげよう

育児・子供の病気

虐待?と心配になったら…どの子も我が子と同じように守ってあげよう

誰もがきっと、お子さんの誕生を待ちわびていたはずなのに・・・悲しいことに、『虐待』を受けて辛い思いをして過ごしているお子さんは常にどこかにいるのです。そして、『まさか!?』と思う子が、虐待を受けながら生きている場合もあるのです。どうか、もしも身近にそのような子がいたら、どうしますか?

 

■一歩踏み出して!!

もしも、お子さんの友だちや、近所の子に虐待を受けているかもしれない・・・と思える子がいたら、児童相談所や、市町村の担当窓口、福祉事務所に通告しましょう。

 

事実は違うかもしれません。でも、『あれ??』と、思うことが大切だと思います。そして、その疑問を行動に移すことで、虐待を受けているかもしれないお子さんを救うきっかけになるかもしれません。

そして、虐待をするまでに心身を病んでしまった保護者を救うきっかけにもなることでしょう。

 

虐待を肯定するわけではありません。ただ、大切に大切にお腹の中で育んできた命を、自ら傷つけるような行動をするまでに心身を病んでしまった保護者を助けてあげなければ、お子さんを救うことはできないのではないでしょうか。

 

 

■我が子もその友だちも大切な命です

親になり、『生命の誕生』を身をもって経験し、『命の大切さ』『子どもを育てていく責任』をしっかりと感じているのではないかと思います。どうか、ご自身のお子さんだけでなく、お子さんの友だち、近所のお子さん・・・皆、我が子と同じ気持ちで接してあげてください。危険がないか見守ってあげてください。

 

そうすることで、ひとつの命を救えるきっかけが生まれてくると思います。虐待だけではありませんよね。日常生活の中で、危険はたくさんあります。駐車場で親から離れて危険な目にあってしまう子、連れ去られてしまう子・・・虐待意外にも、大人のせいで子どもが危険にさらされてしまうことっていくらでもあるのです。

 

■あなたの行動が小さな命を救うきっかけに

保育園などの幼児が通園する施設には、児童相談所や市町村の担当窓口の方から、『○○さんが虐待にあっているかもしれないとう通報を受けました。』という連絡が入るそうです。

 

実際は、毎日のように夕方になると大泣きをしているお子さんの声を聴き、あまりにひどい泣き方が続いていたので心配になっての通報でしたが、園では、身体にあざや怪我はなく、変わった様子もなく、虐待の事実は見られなかった、ということもあります。

 

ただ、そのことがきっかけで、『○○さんの様子を気をつけて見ていこう。』と、園全体の職員が気を配ってくれます。もしも、本当に虐待を受けていた場合、早期発見のきっかけとなることでしょう。

 

虐待というのは、周囲の人に見られないよう自宅で行われる場合がほとんどで目撃することは難しいと思います。でも、もしも、『あの子の様子がおかしいな』など気になることがあったら、一歩踏み出してみましょう。どの子も、我が子と同じ大切な命です。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

授乳中なのに風邪・頭痛・便秘!?飲んでも大丈夫な薬ってある?漢方薬は?

授乳中に風邪かもしれない・・・でも、薬を飲んでも良いの?と心配になってしまい...

エアコンは使わずに自然の環境にするべき?赤ちゃんが快適に過ごせる環境とは

赤ちゃんにエアコンはよくないと聞くことがありますよね。 でも、夏は毎日暑くてエ...

その他の体験談

夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ

出産後から赤ちゃんのペースに合わせていると、生活のリズムが乱れます。 しかしながら、育児書やweb...

赤ちゃんのスキンケア必要?不要?

退院してすぐから気になる赤ちゃんのスキンケア。 何もしなくていいという説、3歳までが大事という説。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る