カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. ダウン症の出生前検診とその問題

妊娠・出産

ダウン症の出生前検診とその問題

 

ダウン症の出生前検診は以前からありました。

従来は羊水穿刺という方法で、羊水を採取するというものでした。

それに比べて安全性が高いのが血液検査です。

 

●ダウン症の出生前診断・血液検査の精度

ダウン症の出生前の血液検査のデータが公開されています。

胎児がダウン症であるときに検査陽性が出る確率は98.6%、胎児がダウン症ではないときに検査陰性が出る確率は99.8%となっています。

非常に精度の高い検査として、血液検査に注目を寄せる方もいます。

その一方で、血液検査には問題があるとする方もいるのです。

 

●中絶の倫理的問題

この検査は妊娠10週目から行うことができます。

妊娠22週未満であれば人工妊娠中絶が可能なことから、子どもの振り分けをしてしまうのではないかという意見です。

確かにダウン症児を抱えて生きていくのは大変です。

もしも自分の子どもがダウン症児とわかっていたら産まない、という選択肢を選ぶ方もいるかもしれません。

日本ダウン症協会の理事は血液検査について、『安易に行われることには反対。胎児のふるい分けとして一般化されるとすれば、憤りを感じる』と述べました。

 

●ルールを作る

現在のところ、ダウン症を調べるための血液検査にはルールを設けるべきという考え方が一般的です。

日本産婦人科学会が提出した案では『ダウン症児を出産するリスクが高まる35歳以上に限定』『カウンセリング体制が整った施設での限定的導入』が掲げられています。

 

(Photo by http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=26346)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠初期(2~4ヵ月)に関する記事

妊娠10週目の妊婦の体、胎児の状態は?過ごし方も大切です!

妊娠してから10週目を迎える頃になると、そろそろ妊娠している状態にも慣れてき...

35歳ではじめての出産!妊娠初期の体験談

  妊娠・出産を経験したママなら、赤ちゃんができた喜びやつわりの苦しさなど、沢山...

妊娠初期(2~4ヵ月)の体験談

【妊娠初期】妊娠糖尿病と妊娠高血圧症候群でも頑張って初期の辛さを乗り越えたママのヒストリー

***みづママさんのプロフィール◆専業ママ(出産当時20代前半) ◆妊娠初期に辛かった症状:便秘 ...

遅めの初診

生理日から計算しても8週入ったばかりなのに、あかちゃんが大きすぎて、9wの扱いになりました。 20...

妊娠初期(2~4ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る