カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 出生前診断 >
  5. ダウン症の出生前検診とその問題

妊娠・出産

ダウン症の出生前検診とその問題

 

ダウン症の出生前検診は以前からありました。

従来は羊水穿刺という方法で、羊水を採取するというものでした。

それに比べて安全性が高いのが血液検査です。

 

●ダウン症の出生前診断・血液検査の精度

ダウン症の出生前の血液検査のデータが公開されています。

胎児がダウン症であるときに検査陽性が出る確率は98.6%、胎児がダウン症ではないときに検査陰性が出る確率は99.8%となっています。

非常に精度の高い検査として、血液検査に注目を寄せる方もいます。

その一方で、血液検査には問題があるとする方もいるのです。

 

●中絶の倫理的問題

この検査は妊娠10週目から行うことができます。

妊娠22週未満であれば人工妊娠中絶が可能なことから、子どもの振り分けをしてしまうのではないかという意見です。

確かにダウン症児を抱えて生きていくのは大変です。

もしも自分の子どもがダウン症児とわかっていたら産まない、という選択肢を選ぶ方もいるかもしれません。

日本ダウン症協会の理事は血液検査について、『安易に行われることには反対。胎児のふるい分けとして一般化されるとすれば、憤りを感じる』と述べました。

 

●ルールを作る

現在のところ、ダウン症を調べるための血液検査にはルールを設けるべきという考え方が一般的です。

日本産婦人科学会が提出した案では『ダウン症児を出産するリスクが高まる35歳以上に限定』『カウンセリング体制が整った施設での限定的導入』が掲げられています。

 

(Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=26346)

著者: デカルトさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出生前診断に関する記事

羊水検査~G-band法とFISH法の検査結果の出方の違い~

昨今では高齢出産が増加傾向にあり、それに伴って羊水検査やより手軽で安全性が高...

針って痛い?羊水が漏れてこない?検査後の過ごし方は?羊水検査の疑問Q&A

少し前に新型出生前検査が話題になりました。確かにこの検査は採血によって母体の...

出生前診断の体験談

出生前診断について、どうお考えですか?ダウン症の確率

今ではメディアなどでも良く取り上げられていて、昔とは違い出生前診断について知名度もあると思いますが。...

出生前診断って受けるべき?羊水検査や血液検査について

妊娠すると胎児に何らかの異常があったらどうしようと悩む人は少なくはないと思います。 私の場合も同...

カラダノートひろば

出生前診断の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る