カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発熱 >
  5. もしも脳症を起こしてしまったら?予防はできるの??

育児・子供の病気

もしも脳症を起こしてしまったら?予防はできるの??

『脳症』はとても怖い症状です。もしも、自分の子どもがかかってしまったら・・・どうするべきでしょうか。 

 

■脳症を起こしてしまったら・・・

脳症の主な症状は、『けいれん』『意識障害』『異常行動』です。お子さんの様子を見ていて、少しでも異変を感じたり、いつもの熱の症状と違うな・・・と思ったら、すぐに病院へ行きましょう。

 

■脳症は予防できる??

ワクチン接種をすると脳症にかからない・・・と言われたこともありました。しかし、ワクチン接種していても脳症にかかる場合はあります。

また、免疫のでき方は個人差が大きくワクチンを接種しても、二歳くらいまでは免疫が十分できないこともあります。

 

毎年接種を続ければ、だんだんとワクチンの免疫も高まりやすくなります。そのため、乳幼児期からでも積極的に接種した方がよいでしょう。

すぐに効果が得られなくても毎年接種を続ければ、徐々に免疫が高まっていきますよ。

 

ワクチンを接種する時期は??

脳症の発症が1~5歳に多いので、生後6ヶ月頃から積極的に接種した方が良さそうです。

 

■早めの治療が脳症の確率を下げる可能性

インフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれる『タミフル』という薬は有名ですよね。一度インフルエンザのウイルスが体の中に入ると、すごいスピードで増え続けて、症状が出てから2、3日後に最も数が多くなります。

 

ウイルスの量が最大になる、症状が出てから48時間以内にタミフルを使って増殖を抑えられれば、病気の時観を短くすることができます。つまり、症状の悪化や脳症などの合併症を防ぐ可能性があるということになります。

 

しかし、脳症の進行はきわめて早いため、確実ではありません。

とにかく、医療機関への早めの受診をしましょう。

 

もしも、お子さんがそうかもしれない・・・というときは、直ちにかかりつけの病院、または医療機関を受診しましょう。

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

発熱に関する記事

子供が脳波検査を受けるきっかけにもなる!熱性けいれんと脳波検査の関係とは

熱性けいれんとは、生後半年から5歳くらいまでの乳幼児に見られるけいれん・意識障...

子どもの発熱!夜間や救急に駆け込む目安は?休日でも電話で相談できるサービスって?

初めての子育てで一番不安になるのが病気ですよね。 どういう症状がでたら緊急...

発熱の体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

うちの子に買ってよかったのはこれだ!!その2

昔ながらの氷枕です! 子供ってものすごく頻繁に熱を出しませんか? うちの男子2人はものすごく...

カラダノートひろば

発熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る