カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. 園生活は集団生活の場…病気の感染は防げない!?病気の感染を防ぐ三か条

育児・子供の病気

園生活は集団生活の場…病気の感染は防げない!?病気の感染を防ぐ三か条

保育園や幼稚園と病気、特に感染症というのは本当に切っても切れない大事な問題です。

園にいれば、子どもは必ず何かしらの感染症にかかるでしょう。

園の先生から「○○ウイルスが流行ってます」という話を聞いた次の日にわが子もかかった、という話も珍しくありません。

 

幼稚園や保育園は感染症にかからない元気な子どもだけが来ているわけではなく、みんな鼻水をたらしたり、咳をしながら来ているわけですから、そういった意味では常に「風邪」が流行っていると言えるのかもしれません。

 

 ここでは感染症をはじめとした園での風邪や病気の流行に対してのこころがまえや注意点、日常生活でのポイントなどをお話していきましょう。

 

病気に対する知識を身につけよう

病気、特に感染症にはそれぞれ症状に特徴があります。その症状に対しての知識を身につけることで、症状の特性を知り、対策も可能になるでしょう。

特に以下の点を知っておくと良いでしょう。

 

・感染経路
・潜伏期間
・病原体
・季節性
・主な症状

 

感染を防ぐためには

子どもは病気にかかって免疫ができます。かからなければ免疫ができません。

だから、ずっと病気にかからなくて丈夫な子だと思っていたのが、園に入った途端にしょっちゅう病気をするようになることもよくあります。

 

病気をすることはある意味では予防接種をしているのと同じようなことなので、それによって免疫を得て、もうかからなくなったり、かかっても軽く済むというふうになっています。

 

しかし、だからといって「病気にかかる」のを勧めることはできません。

命にかかわる重い病気もあり、そういった病気の感染から子どもを守らなければなりません。

感染を防ぐために特に大切なことは以下の3つです。

 

(1)手洗い・うがい

日常生活から促す必要がありますが、ウイルスが蔓延している流行時期は特に注意して行うようにしましょう。

 

(2)人ごみは避ける

園で流行している病気は地域でも流行する可能性があります。人ごみはできるだけ避けるようにしましょう。

 

(3)生活リズムを整える

免疫力の低下はウイルスをまねきやすい身体になります。栄養、睡眠を十分にとり、生活リズムを整え、免疫力低下を防ぎましょう。

 

園生活は集団生活の場です。どうしても防ぎきれない病気があるのも事実です。

子どもが体調が悪い時、感染症や何らかの病気の疑いがある時は絶対に無理はせずに受診をしましょう。お互いがその意識を持つことで、病気の流行を防ぐこともできるのです。

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

風邪に関する記事

子どもの鼻風邪…夜に寝苦しそうな時はどうしたら良いの?眠る前にやっておきたい予防策

お子さんが鼻風邪をひいた時、夜寝苦しそうにしていたり、何度も起きては泣き叫んだ...

風邪を予防する4つのポイント

  子どもの風邪は重篤な二次感染を引き起こす場合もあります。 ●風邪から...

風邪の体験談

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

風邪をひきにくい生活(1歳8か月編)

お兄ちゃんが1,2歳代の時、それはそれは毎月のように風邪をひいては小児科へ通っておりました。 ...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る