カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. 産後うつ・・ひとりで悩まないで!子育てサポートを利用してみよう

妊娠・出産

産後うつ・・ひとりで悩まないで!子育てサポートを利用してみよう

周りに頼る人がおらず赤ちゃんと二人きりになる「密室育児」に陥ることが産後うつを引き起こす要因のひとつとなっています。少し周りに目を向ければ、行政のサービスや地域の子育てサークルなどがたくさんあります。子育てサークルは地域によって様々なので、行政主体やの行政指導の子育て支援をいくつかご紹介します。

 

子育て広場

0~3歳児とその親が気軽に集まり、親同士がうち解けた雰囲気の中で語り合い、子ども同士も遊ぶことができる施設。市町村から委託された社会福祉協議会やNPO法人が運営していて基本的には無料。是非お住いの地域で調べてみてください。 

 

ファミリー・サポートセンター

地域で子育ての支援をするために、育児の援助を受けたい人と育児の援助を行いたい人が会員登録をし、提供会員が依頼会員に対して援助活動(有償)を行う組織です。金額は地域差があるようですが、大体1時間600円~1000円のようです。 

 

一時預かり事業

冠婚葬祭や通院,リフレッシュ等のため必要なときに、一時的預かってくれる。保育園などが受け入れをしています。有償で一時間400~600円ぐらいのようです。 

 

子育て支援短期利用事業

保護者の病気などにより、家庭で養育が困難な児童を、児童養護施設や乳児院で原則7日以内で一時預かってくれる。費用は一日3000円から4000円ほど。 

 

病児・病後児デイケア事業

病気もしくは病気回復期の子どもを、保護者の勤務などで家庭で養育が困難の場合、病院などで預かってくれる。利用料は2000円ぐらいが多いです。

 

基本的には保護者同伴なら無料、子どもだけ預ける場合は有料のようです。もし本当につらかったら一時あずかりなどに預けて病院で診てもらってくださいね。ご自分の地域で是非一度調べてみてください。 

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆづはるさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

産後うつに関する記事

妻が産後うつになったら…どうすれば良い?産後鬱の原因・症状・予防法

産後うつは、母親なら誰でもなる可能性がある病気です。 まずは原因と症状を理...

分娩時の死亡より、産後うつの自殺が多い!重要性が増す、産後ママのメンタルケア

2016年5月、熊本地震後の小さい赤ちゃんを抱えるママたちの精神不安(産後う...

産後うつの体験談

【出産後の情緒不安定】 産後うつの乗り越え方を伝授!

無事に出産を終えて、自宅に帰り、待ちに待った赤ちゃんとの生活。それなのに、赤ちゃんと二人きりになった...

これって育児ノイローゼ???赤ちゃんのお世話は私一人きり

出産は里帰りし産後はしばらく実家で過ごす・・・ 当たり前のように聞く話ですが私は訳あって初産の時か...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る