カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 対処法 >
  6. 生理前の精神症状をなんとかしたい!PMS予防になる「魚油」って?

女性のカラダの悩み

生理前の精神症状をなんとかしたい!PMS予防になる「魚油」って?

普段の食事では肉を食べることの方が多いでしょうか?

魚を食べることの方が多いでしょうか?

肉も魚もどちらがいいということはなく、どちらも体にとって必要な栄養素を含んでいます。ただ、PMS対策で考えると、どちらがPMS予防に適した食材になるのでしょうか?

 

PMSがつらいなら摂取するのは「魚油」

魚の油には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といった脂肪酸が含まれています。

こうした脂肪酸はPMS(月経前症候群)に悩む女性なら積極的に摂取したい油と言えます。

 

EPADHAは「オメガ3」脂肪酸と言います。

特にDHAですが、オメガ3脂肪酸というのは、脳や神経細胞が活動するのに欠かせないものです。

脳に影響するものですので、憂鬱な気分やイライラした気分を改善してくれるのです。

 

PMSを改善するオメガ3

PMSの症状としてむくみや乳房の張りなどもあります。

しかし一番生活の中で摩擦が生じるのは、精神的な症状ではないでしょうか?

イライラ、うつ症状、不安、集中力低下など、症状が激しい人は、PMS症状が原因で恋人と別れてしまったと言う人もいるくらいです。

 

オメガ3脂肪酸は先述の通り、脳の活動に欠かせないものですので、こうした症状を緩和してくれる効果を持っているのです。

 

魚食にしなくてもサプリメントで摂取

EPADHAは牛や豚肉、果実、野菜、海藻と言ったものにはほとんど含まれていません。

その一方で、マグロの脂身やブリ、サバ、イワシといった青魚に多く含まれます。

 

厚生労働省が推奨するところによれば、オメガ3脂肪酸の1日の摂取量は1000mgとされています。

イワシやアジならば11尾まるごと、マグロなら5切れほどです。

 

さらに、油というのは調理の過程で落ちてしまうものですから、できるならばお刺身のそのままの状態で食べるのが理想です。

(煮る・焼くでは20%、揚げるでは50%油が落ちてしまうといわれています)

 

さらに、魚油と言うのは酸化されやすいという特徴を持っており、扱いにくい食材でもあります。

毎日上記の魚を摂取し続けるくらい魚食が多いと言う人ならば、そのままの食生活で大丈夫ですが、そうでないならばサプリメントの形で摂取する方がよいでしょう。

一度にたくさん摂取するよりも、毎日コンスタントに摂取できる方法を検討してみてください。

 

他にも嬉しい効果が!

オメガ3脂肪酸は、PMSの改善だけではなく、「冷え」を改善する効果や、「ダイエット」効果、「胎児の脳の発育を助ける」効果も期待できます。

冷えはPMSの症状を促進させる要因にもなりますので、その意味においても効果があります。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

PMS改善のためには…脳を休めよう!

様々な症状を引き起こしているのは、ホルモンの働きやバランスのせいですが、その...

PMSの対処に役立つ!基礎体温の計測と記録

PMSは、はっきりと自分で自覚するだけでも症状が和らぐと言われています。 ...


PMSには栄養補給を!サプリメントを試そう

PMSの症状緩和のためには、一定の栄養素を補ってあげることも大事です。 バ...

心も体もリフレッシュ!PMSには有酸素運動が効果的大

PMSの症状を抑えるには、有酸素運動がとても効果的です。 普段からウォーキ...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る