カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 小児がん >
  5. 子供でもがんになる?!子供がかかりやすいがん

育児・子供の病気

子供でもがんになる?!子供がかかりやすいがん

 

子どものがんは成人に比べれば少ないです。


●小児がんの定義


小児科の定義が15歳以下の子どもを対象にした医療科ということで、小児がんの定義も15歳以下の子どもに発症したがんです。
総合的な小児がんの罹患率は500人に1人と言われています。

小児がんは、罹患率が高いとは言えども誰もがかかる病気というわけではありませんので、ナーバスになってしまう親御さんも多いです。


●子どもがかかりやすいがん


2002年の推定発症数を見てみると、子どものがんのうち3割白血病ということがわかります。
次にリンパ腺がん脳腫瘍と続きます。
老人に見られることが多い胃がんや肺がんなどは、子どもにはあまり見られません。
がんの兆候を簡単に記します。
これらの兆候が頻繁にみられる場合、なおかつ普段とは様子が違うと感じた場合は病院へ行くことをお勧めします。


□しびれや腰痛を訴える
□原因不明の発熱
□しこりがある
□皮膚の色が悪く、体重が減っている
□鼻血などがなかなか止まらない


●子どものがんの危険性


子どものがんは進行度が早いことから、危険性が高いと言われています。
がんは若ければ若いほど細胞分裂が活発に行われ、その分進行も早いのが問題です。
また、子どものがんは体の表面にできるタイプよりも内部で進行するタイプの方が多いので、ある程度がんが進行して症状が出るまで気づかないということもあります。

 

(Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=25744)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児がんに関する記事

しっかり理解しよう!小児がんの知識ガイド【後編】

  “しっかり理解しよう!小児がんの知識ガイド【前編】”   ◆ガンの...

食欲不振や発熱等の症状も…小児急性リンパ芽球生白血病について

子供において最も一般的ながんの一つである、小児急性リンパ芽球生白血病とはどのよ...

病気と症状の体験談

いきなりのじんましん!原因は!?

授乳後にじんましん、もしかして、アレルギー!? 次男の授乳後に足にできている無数のじんましんを...

あかちゃんの顔の赤み、腫れの正体

息子は5ヶ月頃から、目の上や顔に赤い虫刺され跡のようなものがプクッといくつかでるようになりました。 ...

カラダノートひろば

小児がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る