カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 対処法 >
  5. 生活習慣 >
  6. 眠れないと余計に更年期症状がつらい…改善したい更年期の"不眠"症状

女性のカラダの悩み

眠れないと余計に更年期症状がつらい…改善したい更年期の"不眠"症状

人の睡眠はホルモンの分泌によって影響を受けています。

特に更年期で変化する女性ホルモンは、睡眠中枢に大きく影響するもので、更年期に見られる症状として、比較的多くの割合の人に見られるのが「不眠」症状なのです。

 

身体症状と相互作用する「不眠症状」

不眠の症状というと、「ただ眠れなくなる」だけ…?と思うかもしれません

しかし睡眠に関する症状はそれだけではなく、寝つきが悪くなる「入眠障害」や睡眠の途中で起きてしまう「中途覚醒」と言った症状などがあります。

 

更年期障害では多くの人に「ほてり・のぼせ・発汗」と言ったホットフラッシュの症状がよく見られます。

睡眠障害はこれらの身体症状と増強し合うことが多く確認されており、身体症状が強ければ、睡眠障害も強く見られるという具合になります。

 

逆に言えば睡眠障害を改善することで、身体症状を改善できることが多いようです。

 

だから睡眠症状を改善したい!

睡眠障害を改善することで、更年期で出ている身体症状も改善できる可能性があります。

では睡眠障害を改善するためには、どんな方法があるのでしょうか?

 

・日中とのメリハリをつける

年齢を重ねていくと、若い時よりも日中に活動量が減り、特に何もなければ多めに睡眠時間をとってしまうことがあります。

しかし睡眠は多ければいいというものでもないです。

 

また、睡眠は心と体を休めるためのものですから、日中の活動力が少ないと多くの睡眠の必要があまりなく熟睡しにくくなります。

日中に太陽の光をしっかりと浴びて、身体を動かす(運動でも、家事でも)ことで、覚醒と睡眠のメリハリができ、睡眠の質もよくなります。

 

・睡眠よりも前に十分体を温めておく

更年期には「冷え」症状を訴える人も少なくありません。睡眠に向かっていくときというのは、手が温かくなると言いますよね。

それは体の深部の熱を発散させて、体温を下げているために起こります。

 

そのため体温が下がること自体は睡眠に適しているのですが、冷えすぎてはなかなか眠れません。

そこで眠りにつく12時間前に半身浴などで十分体を温めましょう。

そこから熱が逃げすぎないように工夫してあげれば、眠りにつくときには、適した体温になります。

 

眠れないが悪循環に…

睡眠障害があると、そのストレスがほてりなどの身体症状を悪化させてしまいます。

起きている間にそうした症状が強いと、それがまたストレスになって、睡眠障害につながります。

時にはそれで済まずに、そうした症状のストレスがイライラやうつ、不安などの精神症状につながることもあります。

 

まずは睡眠障害の改善から、第一歩と思って取り組んでみてはどうでしょうか?

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

生活習慣に関する記事

生活習慣を改善して更年期症状を緩和!~更年期を乗り切るには~

  更年期を乗り切るには、病院を訪問して治療を受けることが第一ですが、同時に生...

血圧変動が激しい更年期(メノポ)…日々の測定で動きを知ろう

高血圧症の有病者比率を見ると、女性では更年期(メノポ)を境に急激に比率が上昇し...


更年期(メノポ)の体調管理は毎日の血圧測定から!

 更年期(メノポ)を迎えた女性の身体に 関...

えっ!?まだ若いのに閉経?早期閉経にならないための予防法

早期閉経は40歳前後に1年以上生理がなく、検査で卵巣機能が完全に停止している...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る