カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 双子妊娠はリスクばかり?双子妊娠・出産のメリット♪

妊娠・出産

双子妊娠はリスクばかり?双子妊娠・出産のメリット♪

双子を妊娠したら、多胎妊娠についてよく知らない人からは「楽しみね」などと言われる一方、多胎妊娠についてよく知っている人からは「気をつけてね」などと言われると思います。

 

双子の妊娠って怖いこと?

多胎妊娠についてよく知っている人から、多胎妊娠のリスクについて言われるのはなぜでしょう。

それは、多胎妊娠をすると、妊娠のトラブルが生じる危険性が増すからです。

 

上記のような危険性を知ってしまうと、双子を妊娠して、良いことはあるのかしら…と考えてしまいますよね。

具体的に双子を妊娠することで生まれるメリットをご紹介します。

 

 

双子を妊娠・出産することのメリット

・出産回数が少ない

一度出産を終え、いざ2人目となったときに不妊に悩む人も多くいます。

また、日本では最近高齢出産も増えてきていますので、時間的なタイムリミットを感じる人も多いと思います。

 

さらに、妊娠中は不便を感じ、出産では痛みを感じるものですので、一回で済んでしまうならそれがいいと思う人も多いでしょう。

こうした理由から妊娠、出産の回数が少なくなるというのは女性からすればお得に感じるようです。

 

・双子ならではの相互作用

生まれたときから遊び相手・ケンカの相手がいるというのは、子どもの成長に良い影響を与えます。

 

最初はいっぺんに2人を相手するのは大変でしょうが、子どもが大きくなればそれぞれを遊び相手として認識するので親はちょっと楽になります。

11の親子関係は大切ですが、そればかりでは息がつまりますので、ママやパパの視野も広まります。

 

・可愛がってもらえる

双子ちゃんを外で見かけたら「わぁ、双子なんですね」と、珍しがられたり、可愛がられたりしやすいです。

外でかわいがられるというのは、赤ちゃんにとっても良い刺激ですし、ママやパパにとっても嬉しいですよね。

 

 

メリットも十分に知り、リスクも十分に知る

双子を妊娠した場合、多胎妊娠のリスクばかりを考えて気が滅入ってしまうこともあるでしょう。これは妊娠した体にはいけませんし、逆に双子を生んだ後のことばかり想像して、リスクを考えないこともいけません。

 

どちらもバランスよく頭に入れておく必要がありますので、どちらも十分に把握した上で双子の妊娠を楽しんでください。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

多胎(双子)に関する記事

お得な私立・考えるべき習い事…どう決める?双子育児のお金の問題

子どもを育てるのに必要なのは愛情と、現実問題としては「お金」があります。 学校...

「高齢だから2人いっぺんに産みたい」前もって考えておきたい多胎のリスク

高齢になってから妊娠出産をしようとすると、どうしても色々な問題が出てきます。...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る