カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 小児がん >
  5. 子供のがん治療サポートで親がするべきことは?小児がんについて

育児・子供の病気

子供のがん治療サポートで親がするべきことは?小児がんについて

 

子どものがん治療をサポートするためには、いくつかのポイントを押さえておくとよいです。


●病気の説明


現在、がんを隠す医療従事者はあまりいなくなりました。
以前はがんが難治性の病気、場合によっては手遅れと判断される病気だったことから家族の同意を得て患者には病気を伝えないという方法をとることも多かったです。

ですが現在ではがんの治療法も進化し、患者本人もがんを受け入れたうえで暮らしていく場合が多いです。
子どものがんの場合もそれは同じで、病気のこと、治療のことをしっかり話した方がよい場合が多いです。

小さい子ども向けの説明本、教材も多いので、医療従事者とどのような伝え方が望ましいのかを相談しながら、我が子にしっかりと病気を理解させてあげてください。


●子どもの自主性の尊重


がんと闘病している間も子育ては続きます
子どもの自主性を尊重して、できることはなるべくやらせてあげてください。
がんが治ってからの生活に困らないように、その子にとって将来必要な基本的マナーを身につけさせることが大切です。
自分のことが自分でできる、頼みごとをされて家族の役に立ったという経験が自信につながる場合もあります。

 

●精神的ケアを第一に


治療に関して知ることは出来ても、実際に治療を受けるのは子どもですし、治療をするのは医療従事者です。

親ができるケアは精神的ケアとなる部分が多いので、その子の精神状態に合わせて焦らず対応してください。
痛いとき、辛いとき、悲しいときの対処法を一緒に話し合えるような雰囲気づくりに努めるとよいです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/08/29-349549.php)

著者: すぴのざさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

小児がんに関する記事

神経芽腫の治療では移植が必要?

  子どもが発症するがんの中で多く見られるものの一つが神経芽腫です。神経芽腫は...

子供でもがんになる?!子供がかかりやすいがん

  子どものがんは成人に比べれば少ないです。 ●小児がんの定義 小児科の定義が...

病気と症状の体験談

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

初めての風邪…対応と薬について

第二子の息子の経験について書きたいと思います。 上の子は3歳の女の子で保育園に通っていました。 ...

カラダノートひろば

小児がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る