カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 生活全般 >
  5. 妊娠後期の外出時に絶対持っておきたいもの・持ってると便利なものって?

妊娠・出産

妊娠後期の外出時に絶対持っておきたいもの・持ってると便利なものって?

お腹が大きくなり、なにかと行動に制限のかかる妊娠後期ですが、出産後の慌しさを考えると自由に動けるのも今のうち、と赤ちゃんが生まれてくる前に色々な所へ出かけたくなる方も多くおられると思います。

ここでは妊娠後期(8ヶ月以降)の外出時に持っておきたいものについて記載していきます。

 

■必ず持っておきたいもの

・携帯電話

・母子手帳

・保険証(診察券)

 

最低限この3つは必ず持ち歩きましょう。

妊娠後期はいつ生まれてもおかしくない状態です。急に出血したり陣痛が始まったりするかもしれません。

すぐに家族や病院に連絡が取れるようにしておきましょう。

携帯電話にはかかりつけの病院の番号はもちろん、近隣のタクシー会社の番号を登録しておくといざというとき便利です。

 

■その他あれば便利なもの

・夜用ナプキン

・フェイスタオル

・尿漏れシート

・マタニティマークキーホルダー

・ドリンク

 

夜用ナプキン・タオルは、万が一、外出先で破水した場合に便利です。破水時は大量に羊水が流れ出すので、その際の一時しのぎとして持っていることをオススメします。

破水した際は早急に病院へ向かわなければならないのですが、破水してしまうと車内が汚れるなどの理由でタクシーに乗車拒否される場合があります。

ナプキンやタオルがあれば、車内をなるべく汚さずに移動する事ができるので便利です。

尿漏れシートは妊娠後期にお腹が張り出してくると膀胱が圧迫され尿漏れが頻繁に起きたりするのであると便利です。

 

■入院セットを自宅に用意しておきましょう

妊娠後期に入ると、分娩予定の病院から入院時持ってくるもの(パジャマ、スリッパ、替えの下着類など)が指定されていると思います。

 

これらは持ち歩く必要はないですが、いつお産が始まるか分からない後期に入ったら早めに準備しておきましょう。

準備して自宅のわかりやすいところにカバン一つにまとめておけば、外出先で急にお産が始まった時誰かに持ってきてもらうのが楽です。

 

妊娠後期の外出時には、急なお産が始まるかもしれないという事を念頭において必要なものを持ち歩きましょう。

また体調の変化に気をつけて、いつもと違う変化があったときには病院の指示を受けて適切な行動がとれるようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

生活全般に関する記事

妊娠後期ってどの程度の運動をした方がいいの?オススメの運動「ウォーキング」

妊娠後期はお腹も大きくなってきて、動くのが億劫になってしまいますね。夏に臨月...

妊娠初期・後期の息苦しさなどの不眠対策に!眠れるアイテムなど安眠の方法をご紹介!

妊娠中はただでさえよる眠れない症状に陥りがちですが、後期になるとさらに夜の睡...

生活全般の体験談

妊娠39週から出産日まで!周囲からのプレッシャー・・・

妊娠後期になって、男の子ということもあり、だいぶおなかが突出して目立っていたわたし。 赤ちゃん自体...

マタニティータクシーの予約完了

計画分娩の日付も決まったので、その日よりも前に陣痛中にタクシーを呼んで病院に行くことはないと思われま...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る