カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 急な入院に備えて…準備しておきたい!入院中に必要なもの・あると便利なものまとめ

妊娠・出産

急な入院に備えて…準備しておきたい!入院中に必要なもの・あると便利なものまとめ

 

お腹が大きくなってくる妊娠後期。何かと日常生活が大変ですがお腹の赤ちゃんに会える日までもう少し、楽しみな時期ですね。

妊娠後期に入ったら早めにしておきたいのが入院準備。ここでは何を準備していけばいいのかについて記載していきます。

 

入院中必要なものは病院からリストで渡されるので、そこに書いてあるものを一通り準備しましょう。

スリッパや円座クッションなどは病室に備え付けてあったり、洗面用具やお箸コップは病院によっては入院時もらえたりします。確認しておきましょう。

 

■絶対に必要なもの

・母子健康手帳

健康保険証

診察券

印鑑

 

ポーチなどにまとめていつも使うカバンに入れておくと外出先などで急に陣痛が始まっても安心です。

印鑑は入院中に色々な書類に判子を押さないといけないので絶対に必要です。

 

■必要なもの

パジャマ

産褥ショーツ

授乳用ブラジャー

夜用ナプキン

母乳パッド

タオル

 

パジャマ・肌着類・タオルを何枚持っていくかは入院中洗濯出来るかによって変わってきます。洗濯できそうに無い場合は多めに持っていきましょう。

 

普通分娩で4~5日、帝王切開で2週間ぐらいの入院なのでその間必要な枚数を揃えましょう。

パジャマは妊娠中使っていたマタニティパジャマをそのまま使用すると良いです(お腹はすぐにへこみませんので)。

また、お産パッドは病院からもらえたりしますが、枚数が足りなくなってくると思うので夜用ナプキンを持っていくと安心です。

 

■その他あると便利なもの

ストロー

乳首ケアクリーム

現金(小銭)

など

 

陣中中は起き上がれませんので水分を補給するのにストローがあると便利です。

特に初産の方は、母乳をあげ続けると乳首が割れてくることがありますので、乳首ケアクリームがあると便利です。

ちなみに産褥ショーツ、産褥ナプキン、母乳パッド、乳首ケアクリーム等は病院内で売っていたりします。最悪足りなくなっても、何とかなりますのでご安心を。

 

入院中、必要なものは大体上記のものですが、その他必要と思われるものがあったら持って行きましょう。

また退院時には赤ちゃんの服、おくるみ、オムツ、お母さんの服、入院費用などが要ります(カード不可のところが多いので病院に確認しておいてください)

入院用品とは別のカバンに入れて用意しておきましょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

臨月の間に体調を整え出産に備えよう!安産にむけた体作りに最適&産後のストレッチ★図解イラスト有

臨月をむかえたら赤ちゃんとのご対面まであと少しです。 この時期の不調を整え...

妊娠線はなぜできる?乳房や太もも、おしりにも…正しく知りたい妊娠線のこと

妊娠した喜びとともにママたちが感じる不安。子育ての不安や今後の家計のこと等、挙げ...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

【妊娠後期】身体の変化がありながらもアクティブに妊娠後期を過ごしたママのヒストリー

***KMママさんのプロフィール◆専業ママ(出産当時20代後半) ◆妊娠後期に辛かった症状:トイレ...

【妊娠後期】むくみと戦いながらも仕事を続けつつ妊娠後期を過ごしたママのヒストリー

***みなママさんのプロフィール◆フルタイム勤務の会社員(出産当時:30代後半) ◆妊娠後期に辛か...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る