カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 虫歯撃退!虫歯対策は乳歯のころから始めよう!子どもの歯を磨くときのポイント

育児・子供の病気

虫歯撃退!虫歯対策は乳歯のころから始めよう!子どもの歯を磨くときのポイント

子供が虫歯になって痛がっていたりすると、とてもかわいそうですよね。

子どもが虫歯にならないために親ができる予防・対策とはなんでしょうか。

ここでは、親がやってあげる子どもの正しい歯の磨き方、子どもの歯を磨くときのポイントをまとめました。

 

■正しい歯の磨き方とは?

小さい子供は、まだ歯ブラシの扱いに慣れていないため、うまく歯を磨くことができません。

きちんと磨けるようになるために、お母さんやお父さんが磨くのを手伝ってあげましょう。

 

子どもの歯の磨き方

(1)まず、大人のひざの上に、子供の頭がくるように寝かせます。

(2)唇と歯茎の間に、大人が指を入れて持ち上げるようにして磨くと磨きやすくなります。

(3)前歯は、歯ブラシが歯に対してまっすぐ当たるようにして磨いてあげてください。

この際、歯ブラシが上唇と歯茎の間に当たってしまったりして、子供が痛がったりすると、歯磨きが痛くて嫌なものとなってしまうことがあるので注意が必要です。

(4)奥歯は、ほっぺの内側と歯の間に人差し指を入れて広げ、歯ブラシを使って汚れを掻きだすようにして磨いてください。

 

子どもの歯を磨くときのポイント

子供の乳歯は、歯と歯の間に隙間があるため食べカスが残りやすいので、時には歯間ブラシなどを使用し、歯の間の汚れを取り除いてあげるといいでしょう。

 

■子供の歯磨きはいつから始めたらいいの?

子どもの歯磨きは、まだ歯が生えていない時には当然ながら必要ありません。

子どもが育つにつれて、乳歯が生えてきて、食事もミルクから離乳食へと変わっていきますよね。

離乳食により、子供ははじめてスプーンなどを口に入れるようになります。子供が自分でスプーンを咥えたりすることができるようになれば、それが歯ブラシに慣れさせる時期になります。

 

初めは、おもちゃ感覚で歯ブラシを与えてみてください。そのうち、子供は自分で咥えたりして慣れていきます。

早い時期から慣れさせておけば、歯磨きというものもスムーズに受け入れてくれると思います。

 

■歯にはフッ素が効果的?

子供の乳歯は大人の歯に比べてエナメル質がやわらかく虫歯になりやすいです。

フッ素はそのエナメル質を丈夫にして虫歯になりにくい歯を作ってくれるといわれています。フッ素は、歯磨き剤に含まれているものがありますので、これが入った製品を使うといいでしょう。

 

小さい子供でまだ、うがいができないのであれば、うがい不要のジェルタイプの歯磨き剤が市販されていますので、こちらを活用してみるのもいいかもしれません。

 

虫歯にならないためには、まず予防が大切です。毎日の歯磨きを習慣づけて行っていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

もし虫歯になってしまったら・・子どもを歯医者に行かせる対処法

虫歯は虫歯菌の量、歯の質や唾液の量によって人それぞれ虫歯になりやすさが異なり...

甘いものを控えて、歯磨きもしていたのに子供に虫歯が…子どもが虫歯になる意外な原因とは?

子どもは成長するにつれて、母乳から離乳食、そして普通の食事へと食べるものがどん...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る