カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 便秘 >
  5. 子どもの便秘にいい食べ物とは?便秘解消にはビフィズス菌、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が効く!

育児・子供の病気

子どもの便秘にいい食べ物とは?便秘解消にはビフィズス菌、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が効く!

子どもがうんちが出なくて腹痛に苦しんでいると、ママも見ていて辛いですよね。

毎日の食事で便秘が解消されれば、それが一番安心です。便秘に効果的な食べ物はどのようなものがあるでしょうか。

 

便秘に効果的といわれているものは?

便秘に効果があるものといえば、ビフィズス菌、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖などがよく挙げられます。それらの働きはどのようなものでしょう。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は腸内で乳酸や酢酸(殺菌力をもつ)を作り出します。酢酸は腸の働きを悪くする悪玉菌や病原菌の増殖を抑えて善玉菌を増やします。

ですが、ビフィズス菌は一度摂れば、ずっと腸内にあるわけではありません。

ビフィズス菌の数が減れば、また悪玉菌の数が増えていき、腸の働きに影響するため、毎日継続してビフィズス菌を摂取することが必要です。

ビフィズス菌が含まれる食べ物として代表的なものは、ヨーグルトです。

 

乳酸菌

乳酸菌は糖類を分解し、乳酸や酢酸を作る菌をいいます。腸内で乳酸や酢酸を産生し、この産生した酸により、腸を刺激して腸の働きが活発になり、消化活動が促進されます。

また、この酸は悪玉菌の増殖を防ぎます。

 

乳酸菌が含まれる食べ物は発酵食品などが多く、納豆や味噌などに含まれています。

 

食物繊維

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類に分かれます。食物繊維は人の消化酵素では消化されません。

そのため、胃で消化されずに腸まで届き、腸内で老廃物を運び、不要なものを体外へ排出するという働きを行います。

水溶性食物繊維は、他にコレステロールの吸収なども抑制し排泄を促す働きもあります。

 

水溶性の食物繊維のペクチンが多く含まれているのはリンゴです。

サツマイモは不溶性食物繊維を含み、便を軟らかくして出しやすくしてくれる働きをします。

食物繊維は多くの野菜や果物に含まれています。

特にバナナは水溶性と不溶性の食物繊維を両方含んでいる優秀な食べ物です。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)の栄養源です。

つまり、オリゴ糖を摂り入れることは腸内の善玉菌を増やして、結果的に腸内環境を整えてくれるということになります。

 

これらを組み合わせて、子供のおやつを作ってあげたりすれば効率的に便秘が解消されるかもしれませんね。 

 

(Photo by:足成

著者: bellj375さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

便秘に関する記事

子どもの便秘解消法 すぐに効いて効果が高い!利点の多い「綿棒浣腸」 でもその前に注意しておきたい点とは

  子どもの便秘の解消法のひとつに、綿棒浣腸があります。 便秘の解消法はマッ...

たかが便秘、されど便秘…子どもの便秘を放っておくと大変なことになる!?

  基本的に便というのは毎日出るのが普通とされています。便秘症は、便が週に3回...

便秘の体験談

試してみよう!便秘解消のワザ!

わが子は最近、便秘に悩まされています(;;) 出ない時は一週間近くでなくなり、母親の私はすごく...

便秘解消の最終兵器、綿棒浣腸

赤ちゃんの便秘が続くと、綿棒浣腸や砂糖水を試すお母さんも多いと思います。 我が家では、便秘三日目を...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る