カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発熱 >
  5. 心配しすぎはNG!?子どもの発熱…発熱以外でよく確認したい症状は○○

育児・子供の病気

心配しすぎはNG!?子どもの発熱…発熱以外でよく確認したい症状は○○

子どもはよく熱を出します。熱を出すたびあたふたしていたら大人でも身体がもたないでしょう。

しかし、「子どもはよく熱を出すから…」と言って重篤になるまでほうっておいては取り返しのつかないことになります。

子どもの熱についての正しい知識を身につけることはとても大切なことになります。

 

子どもの熱…心配しすぎないでも大丈夫?

子どもが熱を出した時は、熱が高ければ高いほど、何か大きな病気のような気がしてなりません。

確かに熱が高いと子どもの顔色が悪くなったり、活気もなくなり、ぐったりするのでまわりの人たちはより不安になるでしょう。

 

しかし発熱後、数時間で熱が下がった時は、さっきまでの熱がうそのように元気になり食欲も回復することが多く、病気自体は比較的軽い場合がほとんどです。

 

大切なのは体温よりも…?

子どもの発熱がどれくらい重い病気なのかを判断するためには、普段と比べて何がおかしいのか、どれがどのくらい違うのか、などの発熱以外の症状をしっかりとみていくことが大切になります。

体温が下がった時でさえも、顔色は悪くないか、のどや声はどうか、機嫌は良いか、などに注意を払う必要があります。

また、普段と比べておしっこの回数はどうか、食事量はどうか、などもしっかり確認する必要があります。

そして、痛みを伴なう場合は、どこがどの程度痛がるのかをみて、全て受診時に医師に伝えましょう。

 

熱があるけど機嫌がいい場合は

熱以外で特徴的な症状がなく、軽い咳、鼻水、鼻づまりぐらいの症状の場合は安静に過ごし回復を待つのが良いでしょう。

いわゆる「風邪」とみられる症状で、これは発熱のほかに咳、鼻水、鼻づまりをともなう場合が多く、熱も38度~39度くらいまでで、ほとんどの場合機嫌も良く食欲も保たれるでしょう。

ただし風邪の中でも急性扁桃(腺)炎やインフルエンザは熱が39度以上にあがることも多く、子どもはぐったりとした状態になるでしょう。

 

これらの病気は、最近ではほとんどの病院で簡易迅速検査が可能になり迅速な診断が可能になりました。

39以上の熱が続くようならばこれらの病気も疑い、医師の診察を受け適切な治療を行いましょう。

 

熱があって機嫌も悪い場合は

熱があって機嫌も悪い場合は医師の診察を受け、速やかに適切な治療を施す必要がある場合もあります。そのためには、熱以外で普段と違う部分をしっかりと観察し、医師に伝えましょう。

 

・発疹がでる場合

熱以外で発疹がでる場合は感染症などの病気の疑いがあります。発疹のでる時期(発熱とほぼ同じ、熱が下がってからなど)や、どのような発疹が出るか、身体のどの部分に出るか、などにより、病気が異なってきます。

 

突発性発疹では3~4日間発熱が続き、熱が下がると同時に発疹がでて、数日後に発疹は消失します。

 

麻疹(はしか)では39~40度の発熱が3~4日間続いた後に発疹あらわれますが、発疹後も3日くらい高熱が続き、熱が下がってからも黒ずんだ発疹がしばらく消えません。 

 

風疹(三日ばしか)では発熱と発疹がほぼ同時期にみられ、3日間ぐらいで両方ともみられなくなります。また発熱は38~39度でそれほど高くなく、子どもの様子も普段と変わらない場合もあります。

 

水痘(水ぼうそう)では全身に水ぶくれや虫さされに似た発疹が急激に増加するのが特徴で、発熱しないケースもまれにあります。

 

川崎病では発熱の2~5日目に身体に赤い発疹があらわれ、両目が充血する、くちびるが真っ赤になる、舌が赤いブツブツ状にはれる(いちご状舌)、手のひらや足のうらが赤くはれる、BCG接種のあとが目立つようにはれる、などの症状がみられます。

 

・口やのどを痛がって食事がしにくい場合

 扁桃炎、ヘルパンギーナ、手足口病、ヘルペスなど口内炎のできる病気、などにかかると、あきらかな食欲の低下がみられます。

特にヘルパンギーナや手足口病は夏季に流行する病気で、手足口病ではあまり熱はみられませんが、脱水の症状には注意が必要です。

 

・咳が長引いてひどい場合

 子どもの呼吸が苦しそう、咳がひどい、長引く、などの時には気管支炎や肺炎の疑いがあります。早めに受診して、医師に詳しく症状を伝えましょう。

 

・目に異常(症状)がみられる場合

 咽頭結膜熱(プール熱)は夏季に流行する病気で、発熱と両目の充血がみられます。発熱を伴わない目の充血では、流行性角結膜炎の可能性もあるので、眼科を受診しましょう。どちらもアデノウイルスが原因の病気です。

 

・耳の下がはれている場合

 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、反復性耳下腺炎、首のリンパ節炎、蜂窩織炎などが疑われます。それぞれ似た症状の病気でもありますが治療方法も違うため、受診しましょう。

 

・耳を痛がったり、耳をよくさわる場合

 中耳炎や外耳道炎が疑われます。中耳炎では耳だれ(耳から黄色いうみが出る)がみられることもあります。

また痛みも伴うため、夜泣きの原因となることもあります。

 

検査をして大きな病気が見つかることも…

乳幼児の発熱をみた場合どのような病気が考えられるかについて、一般的な病気を紹介しましたが、実際には、必ずしも典型的な症状や経過をとるわけではなく、検査をすすめていくうちに思ってもみなかった大きな病気がみつかることもあります。

以上に述べた知識を身につけ、何かしらの病気が疑われる時は、医師を受診しましょう。

 

日頃からの子どもの状態を観察することが大切です

子どもの発熱の場合、普段の状態とどう違うかが重要になります。

「何か様子がおかしい」、「いつもと違う」ということにいち早く気づけるようになりましょう。

子どもを大きな病気から守るためには常日頃から子どもの状態観察をすることが大事です。

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

発熱に関する記事

子どもの平熱は高いって本当?

  子どもに触れると温かいなあと思う方が多いです。一般的に、子どもは大人よ...

発熱や熱性けいれん!救急にかかるべき危険な症状の見分け方

お子さんが発熱したとき、家での看護でよくなる状態か、危険な症状へとつながる要...

発熱の体験談

初熱、発熱

6ヶ月を過ぎるとお母さんからもらった免疫が切れて風邪をひきやすくなる、と良くいいますよね。 産...

長引く発熱や下痢、嘔吐。メモは大切。

夜間の突然の発熱や、嘔吐。下痢。びっくりしますよね。 ましてや初めての病気だったりすると心配で何を...

カラダノートひろば

発熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る