カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 院内学級ってどんなところ?

育児・子供の病気

院内学級ってどんなところ?

 

院内学級とは病院の中にある学級のことです。
学校教育法でも、『身体虚弱を含む病弱』に当たる子供たちが教育を受ける場所として院内学級を定めています。


●院内学級に入る条件は


慢性の疾患によって、継続して治療、生活規制が必要な子どもは、院内学級に入ることができます。
院内学級は名前の通り病院の中、もしくは併設されて存在しているので通学に困ることはありません。

また、普通の学級に比べると治療に関してはフレキシブルな体制が整っていることも多いようです。


●院内学級のメリット


院内学級には様々なメリットがあります。
まずは、治療中でも勉強の空白ができにくいということです。

治療の関係で毎日のように院内学級に通うことができなくても、全く勉強をしないよりは学習の空白期間が少なくなります。
そのため、復学後の不安が減りやすいのがメリットです。

そして、院内学級で人間関係を築けるというのもメリットです。
同じように、何らかの病気に悩む同年代の子どもと触れ合うことで友情が生まれたり、励まし合ったりできるのは院内学級ならではのメリットといえるでしょう。
人間関係を学ぶチャンスにもなります。


●院内学級のある病院を選ぶ


残念ながら、院内学級はすべての病院に併設されているわけではありません。
小児がんの治療に半年から1年以上の時間がかかると予測されるときには、院内学級のある病院への転院を考えてみてもよいかもしれません。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/04/28-361315.php)

著者: すぴのざさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

児童養護施設について正しい知識を持っていますか?施設に入所する子供はどんな子どもなの?

最近のドラマでも注目を浴びた児童養護施設ですが、実際の制度や仕組みについては正...

困った!保育園も施設も頼れない時の病児シッター

  働く親にとって、体調を崩してしまった子どもの預け先は大きな問題です。風...

保育園・施設の体験談

想像より数万倍は大変!!甘く見ちゃいけない保活

9月生まれのわが子。保育園は1歳半になる再来年の4月でもいいかな~?やっぱり1歳までは自分でみたいよ...

乳腺炎で麻酔なしの切開手術!育児中のお母さんの急な病気

お母さんが急な病気になっても困らないように、前もってしておくといいことについて書きたいと思います。お...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る