カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆石症 >
  5. 胆石・胆嚢ポリープは『リンゴ酸』で溶解し、『オリーブオイル』で流すことが出来る?

気になる病気・症状

胆石・胆嚢ポリープは『リンゴ酸』で溶解し、『オリーブオイル』で流すことが出来る?

脂っぽい食事を頻繁に食べていたり、逆に極端に食事を抜くなどで胆嚢に胆汁が滞留しやすくなると、『胆石や胆嚢ポリープ』などが出来ることがあります。

 

これらの治療には投薬治療『ウルソ(デオキシコール酸)』が使用されますが、その他の治療法として『リンゴ酸とオリーブオイル』の摂取で、胆石を縮小させるという方法があります。

 

胆石が出来る原因は?

胆石とは、胆汁成分が胆管・胆のうの中で固まり、石のようになった状態のもののことを言います。食事をほとんど摂らないなど胆嚢収縮が悪くなる(=胆汁が滞る)ことによって、胆石が生成されやすくなります。

 

この治療では、『ウルソデオキシコール酸(利胆作用がある)』があり、胆汁排出を促すことで、胆石を溶かすことができます。

 

<胆泥/胆石が出来る環境とは?>

 

■胃の術後

胃の手術に併せて胆嚢収縮の神経を切る場合があり、これによって胆嚢が収縮できず、胆石が出来やすくなる。

 

■糖尿病

自律神経の障害に加え、食事制限によって胆嚢が収縮できず胆石が出来やすくなる。

 

■食が細い・食事を抜く

食事を抜く・脂肪を摂取しないなど、胆嚢収縮の機会が減ると胆汁が濃縮して、胆石が出来やすくなる。

 

■脂っぽい食事を頻繁に摂る

胆汁内のコレステロールが豊富になることから、胆嚢内で結晶化しやすくなる。

 

■異常赤血球・溶血性貧血

胆汁の中に赤血球の分解産物が溶け、それが結晶化することで胆石となる。

 

■家族歴がある

 

 

リンゴ酸とオリーブオイルによる療法の詳細

医学雑誌Lancetによると、療法の詳細について以下と述べられています。

 

<リンゴ酸とオリーブオイルによる胆石治療法>

■一週間、毎日リンゴを2個(リンゴ酸:約2400mg)摂取する。

■一週間の7日目に、オリーブオイルを240cc摂取する。

 

<リンゴ酸による胆石溶解の機序とは?>

 1)リンゴ酸を摂取することで、胆嚢内の結石(コレステロール)の一部を溶かし、流れやすい状態にする。

2)最後にオリーブオイルを飲むことで、胆嚢を収縮させ、リンゴ酸で柔らかくなった胆石を一気に押し流す。

 

最後に

上記の方法では、リンゴ酸を摂るためにリンゴの果実そのものを摂取していますが、『リンゴ酢やサプリメント(リンゴ酸マグネシウム)』から摂取するという方法もあります。リンゴ酢の場合、原液では胃が荒れるので、希釈して飲むことが奨められています。

 

(引用・参考ウェブサイト:鵜川医院

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆石症に関する記事

胆石症・胆管結石におすすめの食事

  体内にできる石を結石といいます。 その中でも、脂肪を分解する手助けを...

胆のうや胆管に石ができる!症状と治療法まとめ

  「胆のうと胆管」は、名前を知ってはいてもその機能については、あやふやな方が...


十二指腸憩室憩室が発見されたら…胆嚢炎や胆石症に注意!

十二指腸憩室とは一体どんな病気?   十二指腸憩室とは、何らかの原因で十二指腸...

尿管結石と胆管結石の違い

  凄まじい痛みが襲うという、結石。 尿管結石と胆管結石が有名かと思いま...

カラダノートひろば

胆石症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る