カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 離乳食開始、母乳は早くからやめたほうがいいの?新米ママの悩みを解決!

育児・子供の病気

離乳食開始、母乳は早くからやめたほうがいいの?新米ママの悩みを解決!

赤ちゃん誕生から始まった慌しい日々も、生後6ヶ月ぐらいになり、少しひと段落。そろそろ離乳食を開始してみたけれど、母乳は早くからやめたほうがいいのかしら?

ここでは新米お母さんのそんな悩みにお答えします。

 

■母乳はすぐにやめなくてもOK

離乳食が始まったからといって、すぐ母乳をやめる必要はありません。基本的に、赤ちゃんが欲しがる時に欲しがるだけあげてOKです。

1回食の頃は、授乳の合間に離乳食、2回食・3回食の頃になったら食事のあとに授乳、といった感じで進めていきます。

離乳食前に母乳を欲しがったら食事の前に少し飲ませ、欲しがらなかったら食べた後に飲ませます。

離乳食が進むにつれて自然と授乳回数は減っていきますので、気楽に進めましょう。

 

■離乳食を食べてくれないからと母乳をやめる必要はなし

「離乳食をあまり多く食べてくれない…」このような悩みを持つお母さんは少なくありません。

しかしそれは母乳をいつまでもあげているから、というわけではありません。

 

そもそも離乳食は「食べる練習」なので、バランスの良い栄養補給が目的というわけではないのです。完了期(1歳半頃)ぐらいまでは食べる量を気にする必要は無いです。

離乳食をあまり食べてくれない時は、食材の固さがまだ時期にあっていないだけ、などという原因も考えられますので、調理法を工夫してみましょう。

ちなみに、市販のベビーフードは月齢に合わせた固さなので参考にしてみてくださいね。

 

■母乳の栄養は減る?ホントの所はどうなの?

産後1週間ほどは「初乳」と言われる栄養と免疫たっぷりの特別な母乳が出ます。色も黄色味が強く、その後はどんどん白色に変化していきます。

母乳の成分は赤ちゃんの成長に合わせて少しずつ変化していきます。

 

色が変化し濃さもなんだか薄くなっていくので栄養がなくなっていくように思ってしまいますが、母乳にはビタミンミネラルたんぱく質などがその時々の赤ちゃんの成長に合わせてバランスよく配合されているのです。なので栄養がない、ということはありません。

 

ただし1歳を過ぎ、赤ちゃんが乳児から幼児になっていく頃からは母乳では鉄が足りなくなりますので、食事で補う必要があります。

 

離乳食を開始したからといって母乳をすぐにやめる必要は全くありません。離乳食が進むにつれて自然と授乳回数は減っていきます。

赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげてください。気負わず親子のスキンシップを楽しむつもりで授乳していきましょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

授乳に関する記事

新生児にげっぷは必要?何回やってもげっぷが出ない時の対処法

新生児の赤ちゃんの授乳後のゲップ。 初めてのママはなかなか上手に出来なかっ...

母乳育児がうまくいかないでもあきらめないで!母乳で育てたい、生後1-3ヶ月までの母乳育児

生後1ヶ月を過ぎてきた赤ちゃんは、徐々に目覚める時間も少しずつ増えてきます。...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

授乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る