カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 切迫流産・流産 >
  5. 切迫流産・・不安な気持ちを落ち着かせる方法

妊娠・出産

切迫流産・・不安な気持ちを落ち着かせる方法

切迫流産とは流産に切迫している、つまり「流産しそうな状態」のことを言います。妊婦の約15%が経験すると言われ、無事出産までいたるケースも多くあります。それでも切迫流産と診断されたら本当に不安で絶望的な気持ちになりますね。どうしたら少しでも楽になるのでしょうか。

 

不安な気持ちを落ち着かせる方法

音楽を聴く、動画をみる

1人でいると、悪いことばかり考えてしまいます。自分でプラス思考に考えるのが難しいなら何かで気を紛らわすのが一番です。クラシック音楽を聴くと心が落ち着きます。また、つわりがなければ動画サイトなどで癒される動物の動画やお笑いの動画などをみると気持ちが落ち着きます。

 

経験談を見たり聞いたりする

同じ境遇の人がいると、心細い気持ちが少し和らぎます。インターネット上には同じ悩みを持つ人がたくさんいます。また、周りにも実は自分もそうだったというママも少なくありません。そういう人の体験談も参考にしてみてください。

 

動かないのが仕事!と思うようにする

ただただ横になっていることが赤ちゃんにとって一番居心地がよく、赤ちゃんを成長させていると思うことです。絶対安静が一番です。それでだめなら仕方がないと腹をくくりましょう。今だけは家事はしない!と割り切ってください。ご主人は一時お弁当でも大丈夫です。

 

筆者の体験談

筆者自身、二度の切迫流産を経験しています。一度目は流産を経験し、二度目は無事出産にいたりました。一度目の時は仕事も休まず家事もしていました。流産してしまった時はどうして絶対安静にしなかったのか本当に後悔してもしきれませんでした。

 

二度目は切迫早産と診断されてから即仕事を休み、お手洗い以外はずっとベットの上にいました。腹痛と出血がありましたが、1週間目にふとお腹が軽くなった感覚があり、診断後10日目に病院でももう大丈夫と言われました。

 

初期の切迫流産は赤ちゃん側の原因が大きいとされ、安静にしていても流産してしまうことはあります。しかし安静や精神的ストレスを取り除くことで流産を防ぐことができる可能性があります。

 

今は本当につらいと思います。どのようなの結果になろうととにかくできる限りのことをして、後悔のないようにしてくださいね。

 

 

(Photo by:筆者 ) 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

切迫流産・流産に関する記事

切迫流産で安静生活中、旦那様の協力を得られないあなたへのアドバイス

切迫流産で安静生活を余儀なくされているのに、夫は家のことをなんにも手伝ってくれ...

流産手術や人工中絶手術…保険が適用される・されない流産手術がある!?

流産手術は狭義には、稽留流産や不全流産のアフターケアの手術のことを指し、その...

妊娠初期(2~4ヵ月)の体験談

遅めの初診

生理日から計算しても8週入ったばかりなのに、あかちゃんが大きすぎて、9wの扱いになりました。 20...

エコーで脳に丸い影!?脈絡膜嚢胞とは

妊娠が分かった方は妊婦健診が始まるかと思いますが、初めの頃は4週間隔で健診に行きエコーで我が子の成長...

カラダノートひろば

切迫流産・流産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る