カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. その他 >
  6. 授乳中なのに風邪・頭痛・便秘!?飲んでも大丈夫な薬ってある?漢方薬は?

育児・子供の病気

授乳中なのに風邪・頭痛・便秘!?飲んでも大丈夫な薬ってある?漢方薬は?

授乳中に風邪かもしれない・・・でも、薬を飲んでも良いの?と心配になってしまいますよね。

服用しない方が良い薬もありますが、大丈夫な薬も多いって知っていましたか?

 

そもそも授乳中に薬を飲んで良いの?

「葛根湯」などの漢方なら大丈夫です。

ただし、構成生薬として用いられる「大黄」は下剤として使われていて、赤ちゃんの下痢の原因となるようですので、避けましょうね。

 

また、薬もたいていは大丈夫ですが、ママが飲んでいる薬の成分は、母乳に移行します。

どのくらい移行するかと言うと、赤ちゃんに影響のないくらいに薄い濃度ですので、安心してくださいね。

 

それから、一部の抗菌薬、抗がん剤、ホルモン剤や精神科用薬などは、授乳中の服用を禁止されているので気をつけましょう。

 

病院などで薬を処方してもらう際は、授乳中であることを必ず伝えましょう!

 

授乳中の体調不良…どんな薬がオススメ?

頭痛や鎮静剤

カロナール・タイレノール・イブA錠は大丈夫そうです。

アセトアミノフェンやイブプロフェンという成分の薬を選びましょう!

 

胃腸薬

新ビオフェルミンS錠・ソルマックゴールド胃腸液などが大丈夫です。

正露丸やビオフェルミン下痢止めなどの下痢止めは控えましょうね。

 

便秘薬

イオナミンや新ビオフェルミンSなどは大丈夫ですよ。

その他の便秘薬は、服用してはいけないものが多く、母乳を通して赤ちゃんが下痢になってしまう場合が多いので控えましょう。

 

風邪

総合感冒薬なら「パブロン50」解熱鎮静薬なら「タイレノールA錠」咳なら「コンタックせきどめST」などがオススメです。

 

授乳期でも飲める漢方薬

授乳中でも大丈夫とされている薬なら問題なく服用できるのですが、漢方薬の方が安心して飲めるという場合は、症状にあったものを処方してもらうのもよいでしょう。

 

授乳中の漢方薬、赤ちゃんへの影響は?

薬を服用した場合、母乳を通して赤ちゃんに吸収される割合は、ママが吸収する量の1%以下といわれています。

漢方薬のなかには下剤のような効果があるもので、母乳を介して摂取されると赤ちゃんにも下痢の症状が出てしまうものがあります。

 

それ以外に特に禁忌とされているものはないようで、ママや赤ちゃんの健康状態などから総合的に判断して、安心で効果があると思われるものが決められるようです。

 

症状別にみる漢方薬

産後におこりがちな不調について、どのような漢方薬が使用されるかの一例をみていきましょう。

 

・葛根湯(かっこんとう)

風邪をひいた時や、乳管が詰まり気味で乳腺炎をおこしそうな時などにおすすめです。風邪や乳腺炎そのものを治すのではなく、回復力を高める効果があるようです。

 

・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

花粉症対策に効果があります。くしゃみやダラダラと出てくる鼻水に対処できます。

 

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力が落ちて弱っている時、貧血の症状や冷え性、生理前の不調(PMS)などに効果があり、女性に用いられることが多いようです。

 

漢方薬はドラッグストアでも販売されていますが、授乳中なので少しでも安心して飲みたいという場合は、病院や専門家に相談した上での購入をおすすめします。

飲み方や注意点などは購入時に確認しておきましょう。他の薬を服用している場合は、事前にその旨を伝えるようにしましょう。 

 

必ず、「使用上の注意」を読みましょう!

市販薬も、病院で処方された薬も、「使用上の注意」をよく読んでから服用しましょう。

薬を飲む時間は、授乳後が良いです。

そして、授乳までに1時間以上はあけましょうね。

 

授乳中だから、飲まない方が良いかも・・・と我慢して、どんどん症状が悪化してしまうと、赤ちゃんのお世話もできなくなってしまい、親子で共倒れです。

 

授乳中でも服用できる薬や漢方を上手に使って、元気なママでいてくださいね。 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-11-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

知らなかったでは遅い!授乳中に使ってはいけない湿布もある!気になる赤ちゃんへの影響は?

普段の生活の中では特に気にしないことであっても、授乳中だといちいち「これって...

上手に使おう!スマートフォンと育児について【前編】

 最近なにかと話題の「スマホ育児」のお話です。   ここ数年、スマートフ...

その他の体験談

夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ

出産後から赤ちゃんのペースに合わせていると、生活のリズムが乱れます。 しかしながら、育児書やweb...

赤ちゃんのスキンケア必要?不要?

退院してすぐから気になる赤ちゃんのスキンケア。 何もしなくていいという説、3歳までが大事という説。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る