カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園で病気が流行りだした時に親が気をつける3つのポイント

育児

保育園で病気が流行りだした時に親が気をつける3つのポイント

お子様が無事に保育園に入園し、集団生活が始まりました。しかしそこで親は心配になる事があります。

それは、保育園での病気の流行です。

 

集団生活している以上、病気が流行してしまうのは仕方のないことなのですが、ここでは保育園で病気が流行した時に親が取るべき行動を3つのポイントに分けて記載していきます。

 

まずは手洗い、うがい、マスクで感染予防

手洗い・うがい

普段から手洗い・うがいの習慣を身につけておくことが大切です。

病気が流行りだしたら、普段より徹底して行いましょう。殺菌作用のある手洗い石鹸やうがい薬を使うのが効果的です。

 

マスク

病気が流行りだしたら市販の子供用の小さいマスクを購入し、子どもに使わせましょう。

ただ2歳以前の子どもはマスクを嫌がることが多いので、どうしてもつけてもらえないときもあります。

3歳以降でしたら言葉も通じるので言い聞かせたり、好きなキャラクターマスクを選ばせたり、マスクに好きなシールを貼るなど色々工夫が可能です。

 

また、オムツをしている年齢の子どもはオムツ処理の際に必ず使い捨て手袋を使い、処理したオムツはビニール袋に入れましょう。

この処理の仕方は非流行時でも保育士が徹底して行っているようです。

 

病気に感染したら…

予防を徹底しても病気の感染を完全に防ぐのはとても難しいことなので、子どもが病気に感染してしまうことはしばしばあります。

 

まず登園前に子どもの様子が普段と違う時はその症状が感染症ではないか調べ、感染症の疑いが強い時は他の園児に移さないためにも必ず園をお休みして病院に連れて行きましょう。

 

大体38度以上の高熱が出ていたら要注意です。

熱がなくても水泡や赤い発疹なども要注意です。気になる症状があったらお医者さんを受診しましょう。

 

ちなみに感染症の疑いが強い時は必ず来院前に電話で症状を伝えてくださいね。

感染症の子どもは、外来時間や診察室を別にしていることがあります。

 

再び登園できるようになるには、医師の許可が必要な時も…

手足口病やりんご病は、子どもが元気なら登園できます。

しかし、はしかは「熱が下がってから3日たってから」など一定の条件を満たすまで登園できない事が決まっていたりします。

園によっては登園許可証に主治医のサインが必要な事もあります。

 

ただ保護者も看病のためとはいえ何日も仕事を休むのは大変です。

なので、子どもが熱が下がり症状が収まる回復期であれば、預かってくれる病児・病後児保育を活用しましょう。

 

お住まいの自治体のホームページなどで案内されていますので、確認しておくといいでしょう。

ただし原則事前登録が必要なので、感染症が流行する前に申し込んでおきたい所です。

 

ほとんどの園では感染症が流行っていたら掲示やプリントなどで知らせてくれます。

情報に留意し、対策・対処をきちんととりましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

保育園、幼稚園での負担?子どものストレスに気がついたら

春に幼稚園や保育園に入園したお子さんは、園での生活に慣れてきた頃ではないでしょ...

保育園の入園準備はOK?意外と大変な準備・上手に準備するコツって?

さて、まもなく始まる保育園生活。準備は順調でしょうか。 準備をすることに追...

保育園・施設の体験談

育休はいつまで?仕事に復帰できない!?

産休から育休に入り、毎日必死に子育てと家事に専念。 気が付けば、もう保育園を探す時期。 0歳...

一歳から保育園へ入園

育児休暇が終わり一歳になった娘を保育園に入園させました。 本当は3歳くらいまで自分でみてやりたかっ...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る