カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. なんとかしたい!授乳中の頭痛薬の服用はOK?NG?

育児

なんとかしたい!授乳中の頭痛薬の服用はOK?NG?

毎日の育児、お疲れ様です!!もともと、頭痛持ちだったり、日々の疲れや肩こりから頭痛が起きている方もいることと思います。

頭痛ってすごく辛いですよね。でも、授乳中の頭痛薬の服用は大丈夫なのでしょうか!?

 

■頭痛薬の服用は、種類によってOK!!

頭痛薬ならどれでもOKというわけではないので、注意しましょうね。

OKな頭痛薬は、『アセトアミノフェン』という成分で作られている頭痛薬です。例えば、『カロナール』『タイレノール』『ブルフェン』です。

 

意外と飲める薬ってあるんですね。赤ちゃんのために・・・と服用を我慢していた方もいるかもしれませんが、飲める薬があると少し安心できますよね。

■頭痛薬を飲むとどのくらい授乳に影響するの?

薬が、どのくらいおっぱいに影響があるのか・・・赤ちゃんは大丈夫なのか不安ですよね。上記に挙げた頭痛薬の場合は、お母さんが服用してから薬の成分の薬80%が薄くなって、赤ちゃんに届くようです。

 

その場合、健康被害はないですし、授乳を断念する必要もないといえます。

ただし、母乳は血液です。ですから、赤ちゃんには全く届かないわけではないので、 上記以外の薬を飲む場合は、注意事項をよく読んで、正しく服用しましょう。

 

■NGな薬も覚えておこう

『アスピリン』という成分の薬は、15歳以下の子どもさんには服用してはいけません。よって、授乳中ももちろんNGです。代表例は、『バファリン』です。

 

『バファリン』『バファリンA』『バファリンプレミアム』『エキセドリンA錠』『ケロリン』『ケロリンチュアブル』『歯痛頭痛ヒロリン』『ベネスロン』などは授乳中の服用はやめましょう。

 

いかがでしたか。大切な赤ちゃんを守ることができるのは、お母さんだけです。一人で判断せずに、病院で『授乳中であること』を伝えて適切な薬を処方してもらうことが一番安心かもしれませんね。 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-11-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ママの悩みに関する記事

子どもが可愛いと思えない…ハマってしまった育児ノイローゼを脱出するための3つの方法

周りには言えないけれど…本音を言うと、「自分の子どもが可愛いと思えない」「産ん...

親であるあなたにも大きな負担が!受験ストレスの解消方法

小学校、中学校、高校、大学・・・今は、選択肢も広がり、幼児期から受験勉強をする...

ママの悩みの体験談

昔とは違う?!赤ちゃんの育児

昔はよかったのに、今はNGだったり、その逆だったり、 今と昔とは、育児の仕方が違うということで、 ...

高齢出産ママの産後実録

1人目が35歳のときに、2人目が37歳のときに出産しました。 地域にもよると思いますが私の周り...

カラダノートひろば

ママの悩みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る