カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 母乳の為の食べ物・レシピ >
  6. まだ間に合う!混合から完母をめざしたい!その心得とは

育児・子供の病気

まだ間に合う!混合から完母をめざしたい!その心得とは

いまは母乳とミルクの混合だけど、母乳一本でいきたい。そう考えているお母さんもおられると思います。「今からでも母乳の量は増えるのかな。」そう思っている方必見です。

 

■母乳の出やすさは人それぞれ

出産前から母乳が出る人もいれば、出産後もなかなか出ない人もいます。それなりの量が出るまで1ヶ月かかる人もいます。生後2ヶ月、3ヶ月経って完母になった方もおられるようです。

 

■完全母乳への道 

・大切なことは、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうこと。

吸ってもらうことで母乳を作るサインとなります。吸われる機会が少なくなればなるほど、母乳は作られなくなります。

 

小さな赤ちゃんは一度にたくさん飲めず、頻繁に泣く子もいるでしょう。うまく吸えない子もいます。それに付き合って、その都度、母乳を吸ってもらってください。授乳は赤ちゃんとお母さんの二人三脚なのです。

 

・しっかり食事をとること。

母乳を作る余裕のない健康状態では、母乳は出てきません。

 

・睡眠をとり、体を休めること。

育児で大変だと思いますが、寝られる時に寝ておきましょう。食と睡眠は健康に必要不可欠です。

 

■切り替えのコツ

急にパタッとミルクを切るのではなく、ミルクをやる量、回数を様子を見ながら少しずつ減らしていきましょう。その分、母乳を吸ってもらう機会と時間を根気強く増やしていきましょう。

 

相手は喋ることができない赤ちゃんなので、ミルクや母乳が足りているのか不安になることと思います。そんなときは体重を量ってみてください。母子手帳などの発育曲線のカーブに沿っていれば、特に問題はないようです。

  

■最も大切なコツとは

頑張りすぎてストレスにならないように気をつけてください。重いストレスは健康に悪影響を及ぼすため、母乳の出も悪くなる可能性があります。また、育児が楽しく思えなくなってしまうかもしれません。まさに悪循環です。

 

そんなときは、ミルクを使うことも考えてみてください。母乳と同様に、ミルクにもメリットが沢山あります。あなたが無理なく過ごせるベストな授乳方法を見つけてくださいね。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳の為の食べ物・レシピに関する記事

母乳不足から脱出!母乳の量を増やす授乳方法と気をつけたい生活習慣

母乳育児が推進されていますが、母乳がなかなか出なかったり、赤ちゃんが満足する...

新生児~卒乳まで!赤ちゃんの授乳の量・間隔・時間・回数を徹底解説!

生まれた時から始まる授乳は、赤ちゃんが成長していくのに欠かせません。 だか...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る