カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳腺炎 >
  6. これって乳腺炎?その特徴と対処法とは

育児・子供の病気

これって乳腺炎?その特徴と対処法とは

「なんだか母乳の出が悪い」「熱っぽいかも」「おっぱいに硬いところがある」こんな症状に悩んでいるママさんはいませんか?そんなときは乳腺炎を疑ってみてください。

 

母乳はどんどん作られるけれど、乳腺が詰まっているから溜まる一方。その結果、様々な症状を引き起こします。それが乳腺炎です。乳腺炎には3つのタイプがあり、それぞれ対応が少しずつ異なります。

 

■急性うっ滞性乳腺炎

乳腺の詰まりにより、母乳が溜まってしまい胸全体もしくは一部が硬くなっている状態です。硬い部分を圧迫すると痛みがあることも。赤ちゃんに吸ってもらったり、マッサージ等を行うことで、詰まりを解消し母乳を抜くことで症状が収まることが多いです。

 

■化膿性乳腺炎

乳頭の傷口などからの細菌感染により、強い痛みや高熱を引き起こします。母乳に膿や血が混ざったり、乳頭に水泡ができる場合もあります。治療法は、抗生剤を投与し、母乳を抜きます。膿瘍ができている場合は切開して膿を出すこともあります。

 

■慢性乳腺炎

うっ滞性乳腺炎や化膿性乳腺炎が完治せず、慢性になってしまったものです。治療法は上記と同様ですが、慢性化を防ぐには発症時にしっかりと完治させることが大切です。また、陥没乳頭などの乳頭や乳管の形成不全により発症する場合も少なくありません。

 

■乳腺炎を防ぐには

大切なことは、乳頭を清潔に保ち、細菌感染を防ぐことです。体力が落ちて免疫力が下がっていれば、当然感染しやすくなります。少し詰まり気味と感じたら、赤ちゃんに吸ってもらったり、マッサージ等で母乳を抜きましょう。

 

授乳間隔が空いておっぱいがパンパンになってしまったら、搾乳するなどして母乳を抜くことも予防になります。しかし、詰まりがどうにもならず母乳が抜けないときは、産院等で専門スタッフのマッサージを受けると良いでしょう。

 

乳腺が詰まる原因は「食事」であることが多いです。栄養バランスの良い食事を心がけることが、一番の予防法といえるでしょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: pipiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

乳腺炎に関する記事

授乳中に起こるものだけではない!どうやって治す!?種類別乳腺炎の治し方

乳腺炎には、授乳中に起こるものだけではないって知ってましたか?授乳中に起こるも...

乳腺炎になったかも!?そのとき自分ができることとは?まずは○○せよ!

乳腺炎とは乳腺が詰まることで母乳の出が悪くなったり、乳頭の傷などからの細菌感...

乳腺炎の体験談

侮れない乳腺炎。高熱と入院

「乳腺炎は痛いよ~」想像以上に辛いものでした・・。 3日間続く高熱、入院を経験。 もうかかりたく...

ガチガチオッパイ(´πωπ`*)

木曜日、予定外で夜お仕事になってしまったんです。。 いつもなら20時なんですがその日は19時に自宅...

カラダノートひろば

乳腺炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る