カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳腺炎になったかも!?そのとき自分ができることとは?まずは○○せよ!

育児

乳腺炎になったかも!?そのとき自分ができることとは?まずは○○せよ!

乳腺炎とは乳腺が詰まることで母乳の出が悪くなったり、乳頭の傷などからの細菌感染により乳腺が炎症を起こしてしまう病気です。

 

■代表的な症状

・母乳の出が悪い

・倦怠感がある

・熱っぽい、または高い熱がある

・おっぱい全体もしくは一部が硬くなっている部分がある

・おっぱいに痛みがある

 

乳腺炎にならないよう日頃から注意するのが一番ですが、もし乳腺炎が疑わしいと感じたら、症状が軽いうちに解決しておきましょう。症状がひどくなってから対処するのはとても大変です。では自分でできることとは何でしょうか。

 

■まずは搾乳

熱はなく体は元気だけど、しこりがあってなんだか母乳の出が悪いなぁ…。そう感じたら、まさに乳腺炎になりそうな状態です。赤ちゃんに吸ってもらったり、搾乳するなどして母乳を抜きましょう。

 

乳腺が詰まっているので母乳の出が悪いですが、マッサージしながら行うと詰まりが取れやすいです。詰まりが解消すると一気に母乳の出が良くなるのが目に見えてわかります。それに伴い痛みも引いていきます。頑張ってみたけど母乳が出てこないときは、産院等で専門スタッフのマッサージを受けることをお勧めします。

 

■高熱があり、とにかく痛い場合

細菌感染の可能性があり、病院での治療が必要です。重症化すれば入院や切開手術が必要なることもあります。

 

■予防法は

・バランスの良い食事

よく水分をとり、甘いものや油っぽいものばかりとらないよう心がけましょう。

・乳頭を清潔に保つこと

・授乳間隔を開けすぎないこと

おっぱいに母乳が溜まりすぎてパンパンに張ってしまったときは、ラクになる程度に搾乳しましょう

 

もし乳腺炎と疑いを持ち、時間が経っても症状が緩和されない場合は、産院や病院に相談してください。状態が悪化しまうと、治療の過程で授乳を中止する場合もあります。

 

本格的な乳腺炎になる前に対処しておくことが大切です。もし乳腺炎になってしまったら、しっかりと治療して完治させ、慢性化を防ぎましょう。

 

 (Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

母乳育児の乳房トラブル!乳頭亀裂・裂傷になってしまったら…原因は?対処法は?

出産直後から1日に何度も授乳するため、おかあさんのおっぱいには大きな負担がか...

乳房を押さえると痛い!これって乳腺炎?

  母乳育児の最中には乳房の異常が出ることも多いです。例えば乳房がかゆくなった...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る