カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 飲酒・喫煙の影響 >
  5. 授乳中に耐えられず一服!赤ちゃんへのタバコの影響を知っておこう

育児・子供の病気

授乳中に耐えられず一服!赤ちゃんへのタバコの影響を知っておこう

授乳中なのに、我慢できずに喫煙してしまったママはいますか??

授乳中の喫煙は、赤ちゃんに良い影響は一つもありません。しかし、妊娠前から愛煙していたママにとっては、長い禁煙生活に、育児の疲れ・・・ストレスフルな状態ですよね。

 

喫煙は絶対にやめてほしいですが、万が一、吸ってしまった時、どう対処したら良いのでしょうか。

 

タバコはどのくらい有害なの?

ニコチンの危険

・化学物質としては、毒物及び劇物取締法で毒物指定されています。

・血管を収縮させて血液の流れを悪くします。

・体内の血流が悪くなって酸素が運ばれなくなります。

・赤ちゃんの発育を妨げる恐れがあります。

・母乳を分泌するオキシトシンの働きをニコチンが妨げます。

・ニコチンの含まれた母乳を赤ちゃんが飲むと、赤ちゃんが急性ニコチン中毒になる可能性があります。

 

急性ニコチン中毒の危険性

 

急性ニコチン中毒とは、タバコを誤飲、誤食したことで目眩や縮瞳、下痢、腹痛、錯乱、昏睡、痙攣などの症状が起きることです。

赤ちゃんは、消化器官が未発達なため、嘔吐や下痢を繰り返します。体力も消耗したり、意識障害を起こすと、後遺症の危険もあります。

 

タールの危険

・癌(がん)の原因となる化学物質が含まれています。

・肺や胃の健康に影響する物質を含んでいます。

・タールの影響で歯が黄ばんだり、歯茎の色が変わることがあります。

ニコチンは、脳の神経に影響を及ぼしますが、タールは、肺や胃に影響を及ぼします。

もしも、赤ちゃんがタバコの煙を吸ってしまったら喫煙していることと同じになります。本当に危険です。

 

一酸化炭素の危険

・一酸化炭素によって、血中の酸素が足りなくなります。

・ママの体内に一酸化炭素が増えると、母乳を作る血液の酸素が不足してしまい、母乳の生成が減ってしまう可能性があります。更に、美味しい母乳が出来にくくなり、母乳の出も悪くなってしまいます。

 

もしも授乳中に喫煙してしまったら・・・

一日は授乳を控えましょう。喫煙前に搾乳しておいた母乳か、ミルクで代用してください。授乳を控えている間も、搾乳をしっかりと行いましょう。

ただし、乳腺炎の予防のためであり、保存するためではありませんよ。

一度喫煙してしまったら二度と授乳できないわけではありません。

 

受動喫煙による危険も知っておこう

受動喫煙による、妊婦、新生児への影響は、

・乳幼児突然死症候群

・流産や早産

・低体重児

・新生児の将来の肥満や糖尿病

 

などが挙げられます。

いずれも、何一つ良いことはありませんね。

 

授乳期間は、子育ての期間のうちのほんの一年程度です。

せめて、離乳食が安定するまでは授乳できるのであれば、授乳をしてあげましょうね。

赤ちゃんの健康を守ってあげられるのは他の誰でもない、ママとパパなのですから。 

(Photo by:pixabay

 

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

飲酒・喫煙の影響に関する記事

ニコチン入り母乳を赤ちゃんに…授乳期の喫煙のこわい弊害とは?

妊娠中、タバコは絶対に吸ってはいけない禁忌項目に指定されているため、ほとんど...

授乳中の禁煙はNG!ニコチンが赤ちゃんに与える影響

妊娠前まで喫煙していたママさんにとっては、長く、辛い禁煙期間かもしれません。...

飲酒・喫煙の影響の体験談

授乳中だけどお酒が飲みたい!

妊娠前はよくお酒を飲んでいたので、妊娠がわかって一番ショックだったことがお酒を控えなければいけないこ...

怖い!!虐待と同じ?授乳中のあかちゃんへのタバコの影響

妊娠するまでタバコを吸っていた方!! 妊娠中は吸うのを我慢できても産後はなかなか我慢ができなかった...

カラダノートひろば

飲酒・喫煙の影響の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る