カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. 子供の虫歯、少しでも進行を止めるために…ママができることとは?

育児・子供の病気

子供の虫歯、少しでも進行を止めるために…ママができることとは?

子供の歯に虫歯ができてしまったらとてもショックですよね。

たしかに今まであまり気をつけて歯磨きができてなかったな・・・というお母さんも気持ちをきりかえましょう。

 

実は意外な理由でお子さんは虫歯になってしまったのかもしれません。

今後、子供の虫歯が増えないように、また虫歯が進行しないように、お母さんができることをお伝えしていきましょう。

 

虫歯になってしまう理由を知る

虫歯になってしまうのは4つの原因があります。

それは、歯の質・磨き残し・バイ菌の数・時間です。下記でそれぞれの項目について説明します。

 

・歯の質

歯の質は生まれ持ったものです。歯はお母さんのおなかの中にいるときから作られています。

そのため、妊娠中のお母さんの食生活が非常に影響してきます。歯の質が弱いと虫歯になりやすいのです。

 

・磨き残し

磨き残しは歯磨きをきちんとしていれば少なくできます。

しかしその磨き方、自己流ではありませんか?

きちんと歯医者さんで仕上げ磨きの仕方を教えてもらいましょう。

 

・バイ菌の数

バイ菌の数は実はお父さんお母さんからうつされたものがほとんどです。

そのため、身近なお父さんとお母さんがきちんとお口のケアを行わなくてはなりません。

 

・時間

最後に時間ですが、だらだら食べたり長いこと歯磨きをしないと虫歯になります。

特に食後30分でバイ菌たちは活発に悪さをし始めますので、食べたらすぐ磨く習慣を付けましょう。

 

歯医者さんに定期的に通う

虫歯ができたらまず歯医者に行きますよね。

しかし子供の虫歯はそうとう大きな虫歯でないかぎり、治療はしないということをご存知でしたか?

なぜなら乳歯は治療してもすぐにつめものがとれてしまったり、子供自身もまだじっとしていられないため、きちんとした治療ができないのです。

 

そこで子供の虫歯にはフッ素という薬を定期的に塗り、進行を抑えるという方法をとります。

 

しかしそれだけではすぐに虫歯は進行してしまいます。

子供の虫歯の進行を抑えるにはお母さんの協力が不可欠なのです。

 

予防(1) 甘いものに気をつける

虫歯の原因は磨き残し、中でも甘いものは虫歯を進行させます。

甘いものは極力控え、キシリトール入りのお菓子を選んだり、飲み物は水や麦茶など甘くないものにするなどして食生活を見直して下さい。

 

予防(2) フッ素を上手につかう

自宅で使えるフッ素もあります。

商品はさまざまな種類がありますので、お子さんの月齢に合わせてフッ素を選んで下さい。

毎日フッ素を使えば、虫歯予防にとても効果が高くなります。

 

いかがでしょうか。

毎日きちんと歯磨きをして、甘いものは控え、歯医者さんでも家でもフッ素をぬり、子供の虫歯の進行を抑えましょう。

またお母さんお父さんには、虫歯はありませんか?

虫歯菌はうつりますので放置している虫歯があれ、ばお母さん達も一緒に治しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: ピヨピヨママさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯の悩みに関する記事

はじめての小児歯科…行くタイミングはいつが正解?良い小児歯科の選び方

歯医者へ行く理由は、見てわかるような黒い虫歯ができたり、痛みがあるなど明らか...

歯の悩みの体験談

むずむずする時期に大活躍の歯がため!

息子用にと思い4ケ月の頃に「3ケ月から用 リッチェル乳歯ブラシ」を購入しました。 歯固めと歯ブラシ...

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

カラダノートひろば

歯の悩みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る