カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 子供の歯に白い点が!これって…もしや虫歯!?それとも歯石!?

育児・子供の病気

子供の歯に白い点が!これって…もしや虫歯!?それとも歯石!?

ある日子どもの歯磨きをしていたら白い点が!とてもびっくりしますよね。

なんだかとても気になります、素人目にはこの点がなんなのかわからないと思います。

もしかして虫歯…?と、とっても心配になってしまいますよね。

ここでは、そんな白い点の正体を明かしたいと思います。

 

乳歯の色は白くて透明感がある

まず、もともと乳歯は白くて透き通った色の歯です。かわって永久歯は少し黄色みのかかった白色をしています。

乳歯でも永久歯でも歯が溶け始めると、つやのないマットな白色に変わってきます。

そしてそのまま放置すると茶色になってきて、最後は黒くなります。

こうなるともう虫歯だとわかると思います。

 

そして、歯医者さんがどこから虫歯というかと言うと、茶色の部分からです。

なぜなら、つやのない白色の状態のときはまだ歯の表面の一部しか溶けていないため、このとき、適切な処置を行えば虫歯の進行を食い止めることができるからです。

厳密にいえば、この白色も歯が溶けているので虫歯だという先生もいますが

白い状態ならまだ予防できますので、みつけたらすぐ歯医者さんに行きましょう。

 

白い点は歯石かもしれない

歯石も同じく白い色をしています。白い点は歯石かもしれません。

特に唾液がたくさんでる子供は、歯石がつきやすいです。

そのため、歯石であれば歯医者さんで取ってもらいましょう。

そのまま放置すると、歯ぐきが腫れて歯肉炎という歯ぐきの病気になってしまいます。

 

どこの歯にあるかもポイント!

しかし、歯石か歯が溶けているのか判断するのは難しいですし見分けがつかないですよね。

そこで虫歯になりやすいところと歯石がつきやすいところをご紹介します。

 

虫歯になりやすい場所

・上の前歯の唇側

・歯と歯の間

・かみ合わせる部分

 

歯石がつきやすいところ

・下の前歯の裏側

・上の奥歯の頬側

 

これを参考にお子さんの歯をみてみてください。

 

歯が生えてなくても歯医者に行ってOK

歯が少ししか生えてないのに歯医者なんて行きにくい…と思っていますか?

大丈夫です。歯が生えていなくても、歯医者さんにお世話になる子供もいます。

虫歯は早期発見がとても大切です。

毎日子供をよくみているお母さんがなんか変だな?と少しでも気になることがあれば気軽に歯医者さんに行きましょう

 

いかがでしたか。

白い点の正体がどうであれ、きちんと歯医者さんにみてもらいましょう。

結果がわかれば一安心ですよね。

早め早めの行動がお子さんの歯を守ることにつながりますよ。

 

(Photo by:pixabay

著者: ピヨピヨママさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

赤ちゃんの歯磨き…歯磨き剤はいつから?どんな歯磨き剤がいいの?

歯が生える時期は、平均して生後6か月くらいです。もちろん、この時期よりも早く...

虫歯撃退!虫歯対策は乳歯のころから始めよう!子どもの歯を磨くときのポイント

子供が虫歯になって痛がっていたりすると、とてもかわいそうですよね。 子どもが虫...

お手入れの体験談

むずむずする時期に大活躍の歯がため!

息子用にと思い4ケ月の頃に「3ケ月から用 リッチェル乳歯ブラシ」を購入しました。 歯固めと歯ブラシ...

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る