カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 妊娠後期におすすめ「小松菜と厚揚げのオイスターソース炒め」

妊娠・出産

妊娠後期におすすめ「小松菜と厚揚げのオイスターソース炒め」

妊娠8カ月にはいり、お腹もだいぶ大きくなってきました。赤ちゃんのために、鉄分は継続して重要ですし、妊娠高血圧症予防のために、減塩にも気をつけたいところですよね。

今回紹介するのは、鉄分も摂取できて、減塩もかなうレシピです。

 

<小松菜と厚揚げのオイスターソース炒め>

材料(4人分)

・小松菜 200g

・厚揚げ 200g

・人参 30g

・ねぎ 20g

・ツナ缶 40g

・ひじき 8g

・ごま油大さじ1

A

酒大さじ1

オイスターソース大さじ1

 

作り方

(1)厚揚げは一口大に切る。小松菜は3cmに切る。にんじんは薄めの短冊切りに切る。

(2)ツナ缶は水気を切る。

(3)ねぎはみじん切りにする。ひじきは水に戻す。

(4)熱したフライパンに油をひいて、ねぎを炒める。

(5)香りが出たら、にんじんを加える。ほかの材料を加えてサッと炒める。

(6)Aで味をととのえる。

 

◎このレシピのポイント

小松菜の鉄分やカルシウムの含有量は、ほうれん草以上です。人参に含まれているβカロテンは、油との相性がよいためこのレシピにぴったりですね。ねぎには含まれているアリシンには、疲労回復効果があります。また、ひじきはカルシウム・食物繊維・鉄分が豊富な乾物です。

乾物は煮物にするよりも、炒めものにした方が薄味に仕上げることが出来ますよ。

 

◎妊娠後期の食事のコツ

妊娠後期の食事のコツは、調味料を減らす代わりに、香ばしい風味や缶詰のコク、薬味のアクセントを活用することでしょう。今回のレシピは、ねぎとごま油の香ばしさにより、酒とオイスターのみとは思えない味わいです。

また、歯ごたえのある食材(レンコン等)を使うと、食感に変化が出ておすすめですね。

 

いかがでしたでしょうか?

妊娠後期は赤ちゃんのためによりいっそう食事に気をつかいますよね。でも何を食べたらいいのか分からない…そんな時は、「小松菜と厚揚げのオイスターソース炒め」を作ってみてください。

調理も簡単ですから、お腹が大きくてつらくてもサッと作れます。

料理で気分転換をしながら、お腹の中の赤ちゃんと一緒に過ごしてみてくださいね。

(photo by:http://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

臨月の胎動が激しい…これって大丈夫?胎動について知っておきたいポイントまとめ

臨月に入ると、いよいよ赤ちゃんに会える日が近づいてきたのを実感しますね。お母...

早産は生まれてきた週数によってリスクが変わる!お腹の中で起きる赤ちゃんの体の変化

切迫早産のリスクは妊婦さんなら聞いたことがあると思います。   ドラマ「...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

【妊娠後期】身体の変化がありながらもアクティブに妊娠後期を過ごしたママのヒストリー

***KMママさんのプロフィール◆専業ママ(出産当時20代後半) ◆妊娠後期に辛かった症状:トイレ...

【妊娠後期】むくみと戦いながらも仕事を続けつつ妊娠後期を過ごしたママのヒストリー

***みなママさんのプロフィール◆フルタイム勤務の会社員(出産当時:30代後半) ◆妊娠後期に辛か...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る