カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 切迫早産!自宅安静になった場合の過ごし方

妊娠・出産

切迫早産!自宅安静になった場合の過ごし方

自覚症状がない場合もある切迫早産…健診で自宅安静と言われた場合、赤ちゃんのためにも自宅ではどう過ごしたらいいのでしょうか?

 

切迫早産ってどんな状態?

子宮が収縮していたり、子宮口が開いていたり、または破水が起こっているなどの状態で、早産になる危険がある状態を切迫早産といいます。早産となった赤ちゃんは身体機能が未熟であるために、時には命の危険もあります。なるべく長くお腹の中で成長できるよう対処が必要となります。

 

自宅安静の過ごし方

横になる

医師によって判断は異なりますが、「自宅安静」と言われたら外出を控えお風呂とトイレ以外は横になっているのが理想です。ですが現実には、そこまで安静を徹底することは難しいことが多いかもしれません。家にいるとどうしても家族のことや家事をやりたくなりたくなりますが、立ち仕事は子宮に圧をかけてしまうのでなるべく控えましょう。

 

体を冷やさない

体の冷えも子宮収縮をうながしてしまいます。暑い夏でもクーラーなどで知らぬ間に冷えている場合があるため注意が必要です。上着を着たり、靴下やレギンスをはき、冷やさないようにしましょう。筆者の場合はワンピースにレギンス、就寝時はむくみ防止も兼ねてメディキュットなどを利用することが定番でした。

 

ストレスをためない

精神的に疲れたりすることも子宮収縮につながります。不安な時ですが赤ちゃんに話しかけたり、ゆったりとした気持ちで過ごすことを意識しましょう。

 

家族に協力してもらう

家事や上の子の世話などは旦那さんや、両親親戚に協力してやってもらいましょう。上の子の抱っこも子宮に圧をかけるのでよくありません。そっと横から抱き締めたり、頭をなでてあげるなど、体に負担のかからないように愛情表現をしてあげましょう。

 

幼稚園などの送り迎えなどで頼れる人がいない場合は自治体のファミリーサポートなどの利用がおすすめです。

 

入院になるとどうなるの?

自宅安静でも回復しなかったり、自宅安静が出来ない場合は入院となってしまいます。ここで無理して入院になると正期産直前まで退院できない場合も…病院によっては子供の面会を制限しているところもあるので、退院まで会えないということもありえます。

 

早めの発見と対処で、症状によっては徐々に安静解除になることも多いので、無理をしないことが大切になります。自分ではなく、赤ちゃんのためと思って、辛い時期ですがですが乗りきりましょうね。 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/ ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

妊娠後期ってどの程度の運動をした方がいいの?オススメの運動「ウォーキング」

妊娠後期はお腹も大きくなってきて、動くのが億劫になってしまいますね。夏に臨月...

ウォーキング・マタニティスイミング・ヨガ…妊娠後期におすすめの運動♪水中エクササイズで安産も

妊娠中の運動は、体重コントロール・リラックス・安産の効果が期待できます。 ...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

里帰りしない帝王切開の出産準備★コープの夕食宅配など

「里帰りしない帝王切開の出産準備①」では予定帝王切開のスケジュールと、やりきれない家事などの洗い出し...

やっと産休〜

3月31日でやっと産休に入りました。 予定日は5月20日。 仕事は保育士だったため、朝は7時...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る