カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. 急に好き嫌いが・・子どもの食事で困った時の対処法とは

育児・子供の病気

急に好き嫌いが・・子どもの食事で困った時の対処法とは

 

1歳を過ぎるとこれまで何でも好き嫌いなく食べていたのに急に食べなくなることがあります。これは自我が目覚め、食べ物の味が分かるようになった証拠。できれば好き嫌いなく色々な食べ物を食べてほしいもの。子供が好き嫌いを始めたらどのように対処したらいいのでしょうか。

 

好き嫌いの原因

子どもの好き嫌いには遺伝的要素と環境的要素があります。遺伝的要素では甘味・塩味・うまみを好むのは体に必要不可欠な栄養素と本能的に判断します。また、苦味・酸味などを嫌うのは本能的に体に悪そうなものと判断しているのです。

 

環境的要素では食経験で後天的に嫌いになるケースです。ある食べ物を食べて下痢をしたりすると、その食べ物を嫌いになったり、反対にある食べ物を食べて満足感を得られるとその食べ物を好きになったりします。また、胎児の時に母親が色々な食べ物を食べていると子どもの食べ物に対する受容度が高いという結果が出ています。 

 

対処方法

1、無理強いしない

食べないからといって叱ったり、無理やり食べさせたりするともっとその食べ物のイメージが悪くなってしまいます。ピクニックのような外で楽しい食事をするときに出してみたり苦手意識をなくす努力をしましょう。

 

2、食べたらほめる

一口でも食べることができたら大げさに褒めてあげましょう。時々少量でも食卓に出すようにしてその都度チャレンジさせてみましょう。

 

3、お腹がすいている時に出す

お腹がすいていれば大概のものはおいしく感じるもの。揚げ物など子供の好きな調理方法で調理するなど工夫して出してみましょう。 

 

栄養素的には好き嫌いがあっても大丈夫

好き嫌いがあると栄養が偏るのではないかと心配になる方もいると思いますが、嫌いな食材が多少あっても栄養素的には問題ないとのこと。心配なら同じ栄養素の好きな食材で補えばいいのです。成長してふとした瞬間おいしく感じたり、気が付いたらいつのまにか食べられるようになっていたりもするので、焦らず「そのうち食べられればいい」という気持ちで構えた方がいいかもしれません。

 

ただ、嫌いだからといって食卓に出さずに食わず嫌いにしてしまうともったいないので嫌いでもできるだけ食卓には出すようにしたいですね。 

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆづはるさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

好き嫌いに関する記事

子供の好き嫌いをなくしたい人必見!1~4歳児の好き嫌い改善方法

子供の好き嫌いは今のうちになくしてあげたい…そんな人は多いはず。 今回は子...

ちょっといつもとは違うことで工夫を!こんな工夫でイヤイヤ2歳児の気をそらしてみて!

  成長のために必須の食事ですが、子どもの方がお構いなしにそれを「嫌!」と食べ...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る