カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 生活習慣病 >
  5. 子どもの生活習慣病を防ぐポイント

育児・子供の病気

子どもの生活習慣病を防ぐポイント

 

 

子どもの生活習慣病を防ぐには、危険因子をなくしていくことが大切です。

 

●食習慣で気を付けたいこと

 

子どもの生活習慣病の最も大きな危険因子となっているのが食習慣です。

食習慣で大切にしたいのは、まず食事に緩急をつけることです。

大人でもだらだらといつまでも食べ続けるのはよくありませんが、子供にも同じことが言えます。

1日3回の食事、1回のおやつといったようにしっかりと時間を決めて食事を作ってください。

そして食塩、砂糖は少なめにしましょう。

菓子類を買う時には、塩分とカロリーをチェックしてください。

また、インスタント食品には多くの塩分と油分が含まれるのでお勧めしません。

逆に摂取しておきたいのが、ビタミンやミネラル、食物繊維、カルシウムです。

野菜や果物に豊富に含まれています。

果物の自然な甘みに慣れておくと、糖分の少ないおやつでも満足できます。

カルシウムを含むものと言えば、牛乳やチーズがあります。

 

●運動をすること

 

生活習慣病の予防となるのが運動です。

子どもにとっては運動でストレス解消という面もあるので、是非定期的に運動をしておきましょう。

家の中で遊ぶばかりではなく、たまには外に出て友達同士サッカーや野球をやってみるのも良いかもしれません。

親の方から積極的にキャッチボールなどに誘うのも良いでしょう。

 

●睡眠不足を解消

 

睡眠不足は生活習慣病の危険因子となると言われています。

睡眠時間と血糖値にはある程度の関連性があり、糖尿病のリスクを高める恐れもあります。

疲労回復をさせるためにも、小学生のうちは夜10時にはベッドに行く習慣をつけてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/12/14-354782.php) 

著者: すぴのざさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣病に関する記事

インスリン注射は必須!小児糖尿病の治療とは

  一般的な糖尿病の治療と異なり、子どもの糖尿病は成長期であるため、治療には十...

子どもの時の悪い姿勢が影響!悪い姿勢が引き起こす病気

   子供の時の姿勢は、大人になっても影響します。 姿勢のすっと伸びた人は、60...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

生活習慣病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る