カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. その他 >
  6. 自分にあった下着で解決!授乳で乳首の形が悪くなった時の対処方法

育児・子供の病気

自分にあった下着で解決!授乳で乳首の形が悪くなった時の対処方法

授乳をしていると、体の様々な部分が変化してきますよね。今回は、乳首の形が悪くなった場合の対処法をお伝えします。

 

■どうして乳首の形が悪くなっちゃうの?

授乳のときは、赤ちゃんにしっかりと乳首をくわえさせましょうね。中途半端にくわえると、おっぱいがうまく飲めなかったり、乳頭を傷つける原因となります。

 

それから、搾乳のしすぎに注意しましょう。搾乳器の使用は、パンパンに張ったおっぱいを搾乳するときの、圧を抜くイメージで少しだけ使用しましょう。

 

搾乳器は、空気圧によって乳首の奥から無理やり母乳を出しているものです。しっかりと開いている乳腺からの搾乳はできるのですが、開きっていない乳腺や、開いていない乳腺からは、うまく搾乳ができません。

 

そのため、母乳が出たくても出られなくてむくんでしまったり、乳腺を傷つけてしまったり、乳首の形の変形などが起きます。

乳首の形が変形すると赤ちゃんが飲むことを嫌がってしまいます。できるだけ、自分で搾乳しましょう。 

 

■自分にあった下着で解決!

授乳用のマタニティブラを着用していますか?自分の体に合った下着でおっぱいを包んであげてください。

また、授乳後は、乳首を上向きに整えてあげてからブラの中に入れることもポイントです。

垂れたまま入れることを繰り返すと、垂れていってしまいます。

 

下着も、授乳中は仕方ないかもしれませんが、卒乳したら一度自分のバストサイズを下着売り場で測りなおしましょう。

正しいサイズを知り、ジャストサイズのブラジャーを身につけることから始めましょう。

 

■乳首をマッサージしてあげるのも◎

卒乳後ですが、乳首をマッサージしてあげましょう。母乳ケア用のクリームを使うこともオススメですよ。

乳首を柔らかくしてあげて、形を整えられるように優しく指先でマッサージしてあげましょう。

 

おっぱいって奥が深いですね。

赤ちゃんのお世話に追われてなかなか時間がとれないかもしれませんが、少しずつ意識してみると良いかもしれませんね。 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

母乳で育てた証!?バストラインの崩れが気になる…キレイなバストを保つコツ

育児を頑張っているママさん。どうしても、自分の体のケアまでは、行き届きません...

変わっていく育児の方法…子育ての世代間ギャップで生まれる嫁姑問題はどうすればいいの?

  子育てにおいてよしとされることというのは、意外と簡単に変わってしまうもので...

その他の体験談

男の子と女の子、どっちがかわいい!?

私ははじめての子が男の子でした。 男の子を生んで思ったこと。 か、かわいいーーーー。 ...

2人目について考える。。

息子が成長していくにつれ、いつかは2人目の赤ちゃんが欲しいと思うのかなぁ…なんて考えながら過ごしてい...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る