カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 授乳間隔が開いておっぱいが痛い!その対処法とは

育児

授乳間隔が開いておっぱいが痛い!その対処法とは

授乳間隔が開いて胸がパンパンに張ってしまうという経験をしたお母さんは多いと思います。中には痛みが出るほど張った方もいるでしょう。この状態は、赤ちゃんの飲む母乳量と母体で生産される母乳量が釣り合っていない、つまり需要と供給に差が生じているのです。

 

この差は時間の経過とともに自然と縮まっていきますが、張りや痛みはつらいですよね。ではそんなとき自分でできることは何でしょうか。

 

■搾乳しましょう

おっぱいをパンパンに張ったままにしておくと、乳腺炎の原因となります。

搾乳するときの注意は、搾乳しすぎないこと。どんどん搾ると体は母乳が必要だと勘違いし、更に母乳が作られてしまします。痛みや張りが和らぐ程度にしてください。

 

張りやすい人は乳腺炎になりやすい人とも言えるので、甘いものや油っぽいものといった乳腺が詰まる原因となるものを多く摂取しないよう注意しましょう。

 

■食べ物に注意

お餅や和菓子をよく口にする人は少し量を控えてみましょう。これらは母乳を詰まらせやすい食べ物によく挙げられますが、母乳の出を良くする効果もあります。

 

また、母乳の出を良くするようなハーブティーが発売されていますが、母乳の分泌を抑えるハーブティーもあります。余程ひどくおっぱいが張ってしまう方は試してみても良いでしょう。

 

■ずっとこの状態が続くわけではない

授乳間隔があき、授乳回数が減ってくると自然に作られる母乳量も減ってきます。赤ちゃんの月齢が進むにつれて少しずつ落ち着くでしょう。ずっとつらい状態が続くわけではありませんので、安心してください。

 

ただ、中には母乳分泌過多症といって赤ちゃんの月齢が進んでも、常に母乳が余っている状態の人もいます。原因は乳腺が発達している等の体質によるものが多いようです。

 

基本的には食事に気をつける・冷やす・搾乳するといった対処をします。授乳方法を見直すことも効果的なようです。しかし生活に支障が出ている等、困っているときは医師に相談しましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

乳腺炎になったかも!?そのとき自分ができることとは?まずは○○せよ!

乳腺炎とは乳腺が詰まることで母乳の出が悪くなったり、乳頭の傷などからの細菌感...

乳腺炎の一歩手前!乳管のつまりを解消して乳腺炎を食い止める!

母乳は、乳腺で作られて細い乳管を通り、乳頭まで運ばれてきます。その何処か途中...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る