カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. なぜ泣くの!?つら~い深夜の夜泣き…赤ちゃんが夜泣きをしたときの4つの解消法

育児

なぜ泣くの!?つら~い深夜の夜泣き…赤ちゃんが夜泣きをしたときの4つの解消法

仕事が終わり、家に帰り、1日の家の仕事も終わって、子どもも寝た、さあ、自分も寝ることにしよう…と思ったら、急に子どもが泣き出した!

自分もぐっすり眠っていたら、急に子どもが泣き出した!

こんな子どもの「夜泣き」に頭を悩ませている人も多いことでしょう。

 

子どもの夜泣きは何が原因かも分からず、親としては辛い思いをしていることでしょう。

ここでは、そんな夜泣き対策、夜泣き解消法に関してお話をしていくことにします。

赤ちゃんの夜泣き対策・解消法

それでは簡単な夜泣き対策をお話していきましょう。

 

(1)抱っこであやす

泣いている赤ちゃんを落ち着かせるには、ママの抱っこやぬくもりが一番です。触れ合い話しかけながら、添い寝をしたりして、安心させてあげましょう。

添い寝の際も背中をさすったり、トントンしてあげれば、子どもは落ち着きます。

おっぱいが好きな赤ちゃんなら、「泣いたらまずおっぱい」でもいいでしょう。乳首を口に含ませるだけで落ち着く子どももいます。

抱っこでしか寝ない時期は、パパやまわりの人たちに協力してもらいましょう。

 

(2)落ち着く音楽を聞かせてみる

保育園などではお昼寝中に子どもが落ち着くオルゴール風の音楽をかけて寝る所もあります。

ふだん聞きなれている曲など、赤ちゃんの気を引く音をいいタイミングで聞かせると、落ち着きを取り戻し、泣き止むこともあります。

 

(3)1度起こしてみる

1度寝かさずに起こしてみて、少し運動をするとまた眠くなることもあります。泣き続け、手が付けられない時は、いったん部屋の明かりをつけて完全に起こしてみるのも良いでしょう。

少し遊んで気分を変えて、もう一度最初から寝かしつけるほうが、早いこともあります。

毎日これでは少し大変なので、最後の手段で考えてみましょう。

 

(4)生活のリズムを考え直してみる

子どもの生活リズム(睡眠リズム)を見直してみるのも良いでしょう。

朝起きる時間は一定にしましょう。日中は適度な日光浴をしましょう。夜は早めに部屋を暗くしましょう。

 

 子どもの夜泣きの原因は実のところまだハッキリと解明されていません。だからこそ苦労が耐えないのでしょう。

しかし、日々の生活リズムの見直しをはじめ、苦労しながらもコツコツとすすめていくことで子どもは成長し、夜泣きは解消されていくのも事実です。

そのためには少々の「根気」が必要になるかもしれませんが、ひとりで悩まずに、まわりの人たちと協力しながら子ども、夜泣き、と向き合っていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

0~3ヵ月に関する記事

ペットと暮らすと、赤ちゃんが健康になる?

犬や猫を飼っている、という家庭もあるかもしれません。   実は、犬を飼っ...

気をつけたい夜泣きにひそむ病気…普段の夜泣きと違いがないかチェック!

子育てにおいて必ずおとずれるといってもよい、子どもの「夜泣き」。 夜泣きの...

睡眠(ねんね)の体験談

小さい頃からの必需品

ひめはまだ赤ちゃんの頃から寝るときはタオルが必需品☆ 無くても寝れるときは、チャイルドシートに...

最強の寝かしつけ ~おんぶ~

体重が重くなり、抱っこがしんどくなってきたので、自宅での寝かしつけにも抱っこ紐を使用していました。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る