カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 産後のためにおっぱいマッサージをはじめよう!

妊娠・出産

産後のためにおっぱいマッサージをはじめよう!

  

産後、母乳が出なかったり、乳首が切れたり。授乳がうまくいかず涙するママも多いことをご存知でしょうか?妊娠中から徐々に胸をお手入れしておくと、おっぱいも沢山出やすくなり、赤ちゃんも乳首を吸いやすく、乳首も切れにくくなるそうです。産後のためにも少しずつおっぱいマッサージをはじめましょう!

 

そのまえに…

マッサージNGの人

切迫流産、切迫早産の人

お腹が張りやすい人

 

乳首への刺激は子宮を収縮させます。そのため切迫早産や切迫流産の人はNGです。そのあいだに自分の乳首チェックなどをおこなっておきましょう。臨月すぎたらOKが出るはずです。

 

はじめるタイミング

切迫流産でなければ安定期すぎから行うことができます。

しかし医師によって考えが違うので相談しましょう。

臨月すぎたら陣痛に繋がるよう積極的に行うといいようです。

 

マッサージは2種類

乳房のマッサージ

主に母乳分泌を促すマッサージです。おっぱい全体をゆさゆさとゆらして、乳腺を刺激します。

 

乳首のマッサージ

赤ちゃんが吸いやすい伸びのいい乳首を作るマッサージです。最初は赤ちゃんも吸うのが下手なので乳首が固いと切れてしまい出血することがあります。そういったトラブルを防ぐために、乳首をつまんだり、ひっぱったりして、乳首をやわらかくしておくと授乳が始まった際の苦労を軽減できます。

 

ただし、乳首への刺激はお腹への張りに繋がりやすいため、お腹が張ってきたりしたら無理をせずに中断しましょう。

 

毎日継続して行う

1回にたくさん、長時間やっても意味がありません。1日1回、長くても15分程度を毎日継続して行いましょう。お風呂上がりになど日課にしてしまうといいですね。

 

産後ヘトヘトでも授乳は休めません。産後のおっぱいトラブルを少しでも避けるため、今からいいおっぱい作りができるといいですね。 

(Photo by:pixabay 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中期(5~7ヵ月)に関する記事

妊娠して胎動を感じ始める時期と赤ちゃんの様子は?パパにも胎動を感じさせよう

胎動とは、お腹の中で胎児が動くことを言います。胎動は7~8週からありますが、...

妊娠初期~中期のつわりにおすすめの食べ物は?オススメの紅茶も☆

妊娠初期だけでなく、中期にもつわりで食事がつらいと感じる妊婦さんもいますね。...

妊娠中期(5~7ヵ月)の体験談

順調にお腹の赤ちゃんが成長!3Dエコーで確認

胎動も日に日にはっきりしてきて、日々赤ちゃんの成長を感じます。 3Dエコーのおかげでだいぶ赤ちゃん...

浮腫みがすごい>< 解消法は。。。??

私は妊娠6ヶ月くらいからつわりも殆どなくなり、だんだん食欲が旺盛になってきました。 病院でも体重管...

カラダノートひろば

妊娠中期(5~7ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る