カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 環境 >
  5. 裸足じゃダメ?!夏場の妊婦さんと危険な冷えの関係

妊娠・出産

裸足じゃダメ?!夏場の妊婦さんと危険な冷えの関係

くつした

妊婦になった途端、あれはだめ、これはだめ、と制約が多くなるものです。

暑い夏にいつも通りの格好をしていたら文句を言われる、なんていうことも…。

暑い時くらい涼しい格好してもいいじゃない!と思いますよね。ですが妊婦さんに冷えは大敵なのです。その理由についてご紹介します。

 

なぜ妊婦さんは足を冷やしてはいけないの?

素足でいると足の裏がすっきりして気持ちがいいですよね。夏場はついつい裸足でいる時間が長くなりがちです。

ですが裸足は、下半身を中心に冷えの原因となり、ひどい場合にはこれがお腹の張りに影響を及ぼしてしまいます。

また、血行が悪くなればむくみにも繋がり、普段の生活もつらくなってしまうんです。 

冷やさないためにはどうしたらいいの?

まずは裸足をやめてみよう

まずは裸足をやめましょう。自宅のカーペットの上なら、裸足になったっていいじゃない!と言いたくなりますね。

それに、靴下ならなんでもいいというわけでもないのです。

実は、裸足でいる、ということよりもむしろ、あるツボを温めることが重要なようです。

 

冷えのツボ、三陰交

足の内側、くるぶしからだいたい3センチほど上にある三陰交(さんいんこう)というツボがあります。ここが冷えのツボなんです!

体が冷えているとき、ツボ自体も冷たくなり、力がなくなってしまうそうです。倦怠感や食欲不振などの夏バテの症状も引き起こしてしまうので、このツボを温めるのがポイントです。

 

くるぶしソックスでは意味がない

上記の通り、くるぶしから上にあるツボを温めるのがポイントなので、流行りのくるぶしソックスでは意味がないのです。

靴下の中でも、少し長めのデザインのものを着用するのが一番ですよ。 

■お出かけ時のサンダルは来年まで我慢

サンダルやミュール、夏場には必須のアイテムですが、来年履くのを楽しみに、今はぐっと我慢しましょう。

裸足でいることもさることながら、サンダルやミュールは歩くときに不安定になりがちです。

つまづいたりすることのないように、ヒールのない安定な靴を履いてお出かけしてくださいね。 

ママの努力が赤ちゃんの健康に繋がります!

妊婦になると制約が多くなり、我慢・我慢の連続でストレスにもなりがちですよね。好きな格好もできないなんて…と嘆きたくなる気持ちもわかります。

ですが、今ここで頑張った分だけ、赤ちゃんは元気にすくすくとお腹の中で過ごしてくれます。

温かいお母さんのお腹の中で、栄養分をたくさんもらうのが、妊娠中の赤ちゃんの幸せです。出産のそのときを楽しみに、マタニティライフを楽しんでくださいね。 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境に関する記事

妊娠中は熱中症になりやすい?!水分補給と温度調節

『妊娠中は熱中症になりやすい』という事をご存知ですか?妊娠する事で、体温調節...

サイレントベビー?!母親のスマホ依存は子供に悪影響!

スマートホン依存症とは、どこに行く時にも肌身離さずスマートホン持ち歩き、TPO...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る