カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. これだけ知っておけば大丈夫!4つの虫歯の原因とその対策

育児・子供の病気

これだけ知っておけば大丈夫!4つの虫歯の原因とその対策

ちゃんと磨いているのに虫歯ができてしまった・・という経験、大人でもありますよね。ひとえに虫歯と言ってもその原因は様々。虫歯の原因を正しく知って、その原因に合った対策を行えば虫歯のリスクを減らせます。

 

虫歯の原因と対策

1・磨き残し

仕上げみがきの際、歯ブラシを細かく横に動かして、磨きムラのないようにしましょう。さらに、奥歯の間は歯ブラシではきちんと磨けないためフロスを使って磨くようにすると効果的です。子ども用のフロスも販売しています。

 

2・甘いものをしょっちゅう食べる

甘いものは酸を多く作り出します。酸が多いと歯が溶かされて虫歯になります。普通は唾液で酸を中和したり、再石灰化して虫歯にならないようにするのですが、間食が多いと再石灰化が間に合わず虫歯の原因になります。甘いものの食べ過ぎ、間食のし過ぎに注意しましょう。

 

3・歯のエナメル質が薄い

人によって歯のエナメル質が薄い人がいます。エナメル質が溶けると虫歯になりやすいので、歯磨きの際あまりごしごし磨きすぎないようにしましょう。また、エナメル質を強くするためにフッ素が効果的と言われています。フッ素入りの歯磨き粉や、市販されているフッ素を使って強くするようにしましょう。

 

4・虫歯菌が多い

虫歯菌が多いと虫歯になりやすいですが、赤ちゃんにはもともと虫歯菌はいません。3歳までに母親の唾液から感染すると言われています。母親の虫歯菌が多いと子どもにもうつってしまいますから、ママも日ごろから口内ケアを気を付けること、そして同じ箸やスプーンを使わない、口移しを行わないように気を付けましょう。

 

最初が肝心

口内の細菌の数は3歳までにほぼ決まると言われています。逆にいうと3歳まで気を付けていれば、虫歯の少ない子どもになるということです。まず、ママ自身が歯磨きをし、唾液感染に気を付け、毎日歯磨きの習慣をつけ、磨き残しがないようにし、フッ素を使ってエナメルを強くして、間食や甘いものを控えることが大切です。

 

なかなか難しいですが、このことを習慣化して虫歯を少しでも予防できたらいいですね。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆづはるさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

赤ちゃんの歯磨きはコツをつかんで効率よく!成長別の歯磨きのしかた

赤ちゃんの歯磨きは、お風呂に入ることと同じように、毎日の習慣にすることが大切...

乳歯の時期別!適切な磨き方☆生え始め→上下2本ずつ生えた頃→奥歯が生えたら…

どんどん生えそろっていく赤ちゃんの乳歯。 生え始めから、上下2本ずつ生えた...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る