カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 臨月の胎動が激しい…これって大丈夫?胎動について知っておきたいポイントまとめ

妊娠・出産

臨月の胎動が激しい…これって大丈夫?胎動について知っておきたいポイントまとめ

臨月に入ると、いよいよ赤ちゃんに会える日が近づいてきたのを実感しますね。お母さんの体にもさまざまな変化が起こり、同じように赤ちゃんの状態もまた変化します。

 

臨月に胎動が減る・弱くなる原因

臨月に入ると胎動が減る、弱まるという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。それは赤ちゃんの成長にともなって、子宮内での赤ちゃんの動けるスペースが狭まってくるからだと考えられています。

 

ただ、一般的に回数や力加減などは落ち着いてくるものの、胎動がなくなることは基本的にありません。

赤ちゃんはそれまでと同じく、子宮の中で動き回っているのです。 

 

臨月なのに胎動が激しいのはなぜ?

もちろん人それぞれなので、臨月でも激しく動き回る赤ちゃんもいます。

普通は落ち着くはずなのに…と不安になるかもしれませんが、何も問題はありません。

 

ただ、あまりに胎動が激しすぎる場合は、お母さんがあおむけになっているときなどに酸素不足でジタバタもがいている可能性もあるようです。

そんなときは横向きになって、リラックスできる体勢をとってあげましょう。

 

胎動で眠れないときは

臨月の胎動は基本的に骨盤に固定されるため、下腹部付近に痛みを感じることがあります。

その上、お母さんがリラックスしているときは赤ちゃんも動きやすいタイミングのため、胎動が激しくて眠れない…なんてこともあるようです。

 

ただし、赤ちゃんにもリズムがあり、基本的には2~30分ごとに眠ったり起きたりします。

そのため、そんなときは声をかけたりしながら少しだけ胎動に付き合ってあげて、落ち着いたところを見計らって寝る体勢に入るのもいいかもしれません。

 

どうしても寝付けないときにはあたたかい飲み物を一杯飲んで、体をあたためてリラックスしてから横になるのもオススメですよ。 

 

胎動を感じなくなったら

胎動をまったく感じなくなってしまった場合、赤ちゃんになんらかのトラブルが起きている可能性があります。

数時間であれば赤ちゃんがお休みの可能性が高いですが、丸一日ない場合は問題です。

 

臨月だから胎動も減るんだろう、などと自己判断をせず、必ず病院に連絡をとりましょう。

 

ただ、お母さんがお腹に意識を集中させてストレスを感じたり、不安を感じたりすると赤ちゃんも不安を感じて動きが止まるもの。

胎動チェックをするときは落ち着いてリラックスした状態で、赤ちゃんに語りかけるようにしましょう。 

 

胎動は赤ちゃんからのメッセージ

赤ちゃんがポコポコと動き回り、お腹の表面に手のひらや足が見えるのはとても神秘的な光景ですよね。

赤ちゃんはいつもお母さんにメッセージを発し、お母さんの声や心音に反応を示しています。

 

臨月に入って激しくなったりおとなしくなったり、ある程度の変化があっても、そもそもお産とは人それぞれの個性があるもの。

過敏に不安がらず、赤ちゃんからのメッセージを素直に受け取って、赤ちゃんと会えるその日を落ち着いて待ちたいものですね 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

妊娠後期の赤ちゃんの状態&逆子のときはやってみよう逆子を防ぐ逆子体操

妊娠後期になったらもうすぐ出産…やっと赤ちゃんと会える!という思いが強くなっ...

アサリ、海藻類、お茶…妊娠中のむくみ予防におススメなむくみ撃退食材

妊娠中の困ったむくみを少しでも楽しく解消するにはどうしたらいいのでしょうか? ...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

里帰りしない帝王切開の出産準備★コープの夕食宅配など

「里帰りしない帝王切開の出産準備①」では予定帝王切開のスケジュールと、やりきれない家事などの洗い出し...

やっと産休〜

3月31日でやっと産休に入りました。 予定日は5月20日。 仕事は保育士だったため、朝は7時...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る