カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 夫婦生活 >
  5. 夫への接し方 >
  6. つわりの時期は振り回しがち…感謝の気持ちを伝えよう!妊娠中、一番近くで支えてくれる人へ

妊娠・出産

つわりの時期は振り回しがち…感謝の気持ちを伝えよう!妊娠中、一番近くで支えてくれる人へ

妊娠して、大変な思いをしながらお腹で命を育むママ。そんなママを一番近くで支えてくれているのは誰でしょうか?

そう、旦那さんですね。

特にお腹に赤ちゃんのいない旦那さんは、ママの苦しみや不安が本当の意味ではわからないかもしれません。

それでも理解しよう、支えようと毎日がんばってくれる旦那さんに、感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしたいですね。

 

■つわりの時期は特に振り回しがち

旦那さんにとって、特に大変なのは、ママがつわりに苦しんでいる時期です。

つわりがひどいと起き上がれなかったり、食べられなかったり、家事なんて問題外…。

食べられるものを買ってきてくれたり、家事を率先して行ってくれたり、そんなふうに旦那さんに助けられていた人も多いのではないでしょうか。

 

つわりには100パーセント効く対処法もなく、しんどい思いをしている奥さんをただ見ているしかできない旦那さんも、きっとつらい思いをしています。

そんなときには、わかってもらえない部分を探して旦那さんに当たるのではなく、わかろうとしてくれることに感謝しながら、きちんと言葉で思いを伝えましょう。

短い「ありがとう」の一言でも、きっと旦那さんのがんばりも報われるはず。

 

■赤ちゃんとのコミュニケ―ションを

10ヶ月もの長いあいだ、お腹で命を育むママと違い、パパである旦那さんには実感の湧きにくい部分もあるかもしれません。

せっかくママのサポートをがんばってくれている旦那さんには、赤ちゃんとのコミュニケーションを通して感謝を伝えつつ、赤ちゃんの成長を実感してもらいましょう。

 

胎動がはじまるまでは、妊婦健診のエコーでしか赤ちゃんの状態や動きを感じることができません。

検診には可能な限り旦那さんにも同行してもらい、赤ちゃんの成長をその目に見せてあげましょう。

あとあとエコー写真を見せるよりも、実際に動く赤ちゃんや、小さな心臓が一生懸命鼓動を刻むさまを見た方が感動も大きいというものです。

 

胎動がはじまれば、お腹に手を当ててもらったり、お腹に話しかけてもらったり、コミュニケーションの幅が一気に広がります。

赤ちゃんの存在を視覚や触覚で実感することで、旦那さんもまたがんばれるのです。

 

妊娠・出産はひとりではできない!

妊娠中の生活はもちろん、出産にいたるまで、旦那さんの協力が必要不可欠です。

毎日仕事でクタクタに疲れながらも日々のサポートをがんばってくれる旦那さんに、言葉にして感謝の気持ちを伝えることがとても大切。

「感謝」にあふれたあたたかい毎日は、きっとお腹の赤ちゃんにも伝わるはずです。

言葉や態度でしっかりと感謝を示しながら、お互いによい気持ちで出産の時を迎えたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夫への接し方に関する記事

妊娠中の生活…夫に協力してもらう前に理解してもらおう

 仕事を抱えている旦那さんに、家事などの用事を頼むのは容易ではありません。 ど...

ママがパパに教えてあげよう!妊娠中のパパ育成について

産後に、育児と家事問題で旦那と大喧嘩をしたり、離婚を考える女子は多いものです...

夫への接し方の体験談

【産後クライシス】触らないで!妊娠発覚と同時に夫との関係に溝が!?

結婚当初は大好きだった夫。 それなりにスキンシップもとってきたけど、ある時をきっかけに触られること...

妊娠中の心はデリケート。イライラと不安感で旦那と毎日喧嘩!

妊娠したかな?と気付いた頃から、出産するまでずっとなんですが...かなり涙脆くなっていました。 テ...

カラダノートひろば

夫への接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る