カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 部屋の環境 >
  5. 心地よい眠りには寝室の温度が大切!睡眠と温度の関係について

不眠・睡眠障害

心地よい眠りには寝室の温度が大切!睡眠と温度の関係について

 寒い冬、足が冷え切って寝付けない・・・。
暑い夏、エアコンをつけて寝て、タイマーで切れると

暑くて起きる・・・。

 


部屋の温度はいったいどのくらいが最適なんでしょうか?
結論から言うと26℃が最適と言われています。
でも、冬だったら布団をかけますよね?それで温まれれば十分です。

 

参考程度に・・・
我が家の布団の中の温度を測ってみました。
室温は15℃。寝る前にエアコンをかけたのですが、少し時間が
経ったので冷えてきました。
布団は、タオルケット、毛布、羽毛布団の3枚です。
では、布団の中に温度計を入れます。体にはできるだけ
触らないように・・・布団の中は25℃でした。

 


冬であれば、部屋を暖めるというより寝具を温めることを
お勧めします。湯たんぽを入れておく、エアコンは寝る前に
かけて布団を温める。

 

夏は日中に家が熱くなってしまって、夜気温が下がっても
なかなか室温が下がりません。寝る前、寝室にエアコンをかけて
冷ましておくと寝付きが良くなります。
エアコンをつけたまま寝るときは、3時間程度で切れるように
するのが眠りを妨げにくいとされています。


温度の調整を上手にして、心地よく眠りましょう。

 

 

(Photo by

//www.flickr.com/photos/masuidrive/6819350576/sizes/m/in/photostream

)

 

著者: jellyfishさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

部屋の環境に関する記事

寝付きを良くする室内温度設定♪どれくらいの温度にするのが効果的?

「なかなか眠れない」や「寝付きが悪く、寝た心地がしない」、もしくは「疲れが溜ま...

熱帯夜なんて怖くない!?暑い夏に快適に眠るためにできる4つの工夫

暑い夜に、「ぐっすりとよい眠りにつける工夫」は何かしているでしょうか。眠りにつ...


より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

あなたは寝るとき、照明を消しますか?豆電球を付けたままですか?   子供のころ...

寝るには図書館と同じ静けさが必要?安眠と快眠のための環境

  音は40デシベル以上になると寝付きが悪くなったり、熟睡できなかったりす...

カラダノートひろば

部屋の環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る